So-net無料ブログ作成

グッド・ワイフ日本版ネタバレ第1話の視聴感想常盤貴子主演 [グッド・ワイフ]

常盤貴子さん主演ドラマ『グッド・ワイフ』の第1話を
視聴したので感想を書きます。
※ここから先はネタバレしています。


このドラマはアメリカのドラマのリメイクですね。

アメリカ版はもう終了していますが、シーズン3がDlifeで配信されています。

アメリカ版に登場するカリンダが好きで、頑張ってシーズン2までは
視聴しましたが、シーズン3は飛ばし飛ばし視聴しています。



アメリカ版『グッド・ワイフ』のシーズン1第1話で
アリシアが夫にビンタをするシーンがありました。

日本版がリメイクされると聞いたとき、そのシーンは再現されるのだろうかと
思ったのですが、再現されませんでしたね。

グッド・ワイフ=感情的にならない知的な妻ということを
印象づけるためでしょうか?



個人的に気に入っているキャラにカリンダがいます。

カリンダに相当する役を演じているのは水原希子さんですが、
アメリカ版とはずいぶん違うようですね。

アメリカ版だと何かとクールだけど何かとアリシアに協力的でしたが、
日本版は冷たく嫌っているようにも見えます。

友達のように飲みに行ったりするようになるのでしょうか?



カリンダは存在感があるというか眼力があるというか。

年齢的に水原さんでは若いのではないかなと思いましたが、眼力は
素晴らしいですね。

アメリカ版ではFBI捜査官ラナがいますが、日本版にラナに相当する
キャラは登場するのでしょうか?



アリシアのライバルであるケリーは北村匠海さん演じる朝飛光太郎です。

アメリカ版では特に何も思いませんでしたが、日本版だと軽く見えるから
不思議です。

上司との距離感が近いということもそう感じる理由かもしれません。



杏子と光太郎の上司である多田征大はウィルに比べて若い気がします。

小泉孝太郎さんが若くみえるからかもしれませんね。



第1話はオリジナルでも登場したのを覚えていますが、シーズンや話数は
覚えていません。

幼女が行方不明となり母親が疑われ、日本版では母親は自殺を
してしまいました。

杏子たちは幼女を誘拐されてしまった父親側を弁護することになりました。

このストーリーはとても現代的でした。

ネット番組で母親が犯人だとわかりやすく仄めかし、でも実はそれは
裏が取れていないとか。

これはネットに限らず地上波でも同じことが時々あり、謝罪したり訂正したり
していますね。

ただネットの場合は放置されて拡散されてという違いはありますけど。



たしか武田鉄矢さんが演じたキャラはオリジナル版ではその後もちょくちょく
登場していたと記憶しています。

ひょっとしたら日本版でもそうかも知れませんね。

だって武田鉄矢さんが第1話だけ登場なんてもったいないですし。



日本版『グッド・ワイフ』は思っていたより面白いかなという
印象を持ちました。

円香みちるが第1話で給料の話をしていたのはちょっとびっくりしましたけど。

シーズンを重ねることを前提に作っているアメリカと、1シーズンで終了する
日本の違いですかね。

以上です。

関連記事
3年a組ドラマネタバレ第1話の視聴感想
ドラマこの恋はツミなのか!?3話目感想柏木由紀&伊藤健太郎共演
人狼ゲームロストエデンネタバレ1話目の視聴感想
婚外恋愛に似たものネタバレ最終回8話目の視聴感想
おっさんずラブ第1話を視聴した感想




スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。