So-net無料ブログ作成

オーファン・ブラック日本版ネタバレ4話「邪悪な天使」 [オーファン・ブラック~七つの遺伝子~]

オーファン・ブラック日本版ネタバレ4話「邪悪な天使」です。
あらすじ
真緒子になりすましている沙羅を襲った、犯人はエレナと名乗りました。
※ここから先はネタバレしています。

沙羅が真緒子ではないと気づいた犯人は誰だと問い、
沙羅は近くにあった鉄棒で犯人の脇腹を刺しました。

犯人はナイフを落とし、金城の声が聞いて逃走、沙羅は
ナイフに気づいてポケットに仕舞います。

金城が現れ二人は建物から脱出、駆けつけた上司に
報告、上司は2人で乗り込んだことを注意しました。



金城は沙羅に助けてもらった礼を言い、金を返却しました。



よる沙羅は薫るとともに萌絵のもとを訪れますが、
萌の笑顔を見てちゃんとした母親になりたいと言いました。

薫は嬉しいと言い、2人は萌絵と会わずに引き返しました。



エレナはとある民家にて傷の手当を行い、バスルームにやってきた
子どもを手招きしました。



泉はPC越しに柄が魚の形をしたナイフについて解説、沙羅と理華は
それを静かに聞きました。

泉との通信を終え理華は家族がいると動揺、沙羅は金を返却して
家族と一緒に遠くへ逃げようとしたと説明。

理華は子どもがいるか問い、沙羅はうなずき自分で産んだと告げ、
理華は驚きました。

私に何かあったらあの子を助けてほしいと沙羅は理華に頼み、なぜ
私なのかと理華は問い、ちゃんとした生活を守っていると沙羅。

いつまで守れるかなと理華、お互い気をつけるしかないと沙羅は
何かあったら言ってと言いました。



翌日、理華は子どもを親に預け旦那にしばらく夕食を食べてきてと
告げました。

家に戻った理華は車の鍵とピンクのスマホ、銃をテーブルに置いて
犯人を待ち構えました。



沙羅が駆け付けると人だかりができていて、規制線が貼られていました。

犯人はこの民家で一泊したと金城、なぜ一泊したと分かるのかと沙羅は問い、
目撃者がいると金城は家の中に入りました。



バスルームは血だらけでしたが指紋は検出されないと鑑識は報告、
2人は目撃者に話を聞きに向かいます。

目撃者は子どもで金城が犯人について問い、子どもは無言で沙羅を
指差しました。

バスルームにいたのは女性かと金城は問い、子どもは無言で
うなずきました。

金城と代わった沙羅は私は昨日の女の人じゃないと子どもに告げ、
お姉ちゃんが来るって言っていたと子ども。

子どもの手に折り紙があり、それに首を切られた人の絵が描かれていることに
気づいた沙羅は折り紙をもらいました。

金城が気づいて問い、犯人の置き土産だと沙羅は差し出し、金城は鑑識を
呼びました。



警察署にて犯人のプロファイリングが行われている最中に沙羅のスマホに
犯人から電話があり、お前と私の絆を感じなかったかと犯人。

犯人は近いうちに会おうと名を問い、沙羅は問い返して犯人は
エレナと名乗り、住所はもう渡したと告げて電話を切りました。



事件を追っている刑事とともに警察署を出た沙羅を物陰から見送ったエレナ、
真緒子に扮して警察署内を散策しました。



廃れた学校を捜索した刑事たちは布に書かれた柄を発見、プロファイラーは
犯人が書いたものだろうと推測。



エレナは真緒子の机を発見、槙雄の名刺を発見して迎えに来てと
電話しました。



今行ったら尾行されて萌のことを知られてしまうから
萌絵に会いに行けないと沙羅は薫に電話します。

今日行かないと二度と会わせてもらえないかもと薫、
バカバカしいこと考えたと沙羅は告げました。



理華のもとを薫は訪問、沙羅のふりをして今夜萌絵と会って
くれるよう頼み、理華は最初断りましたが了承しました。



警察署に戻った沙羅はエレナが来たことに気づいて、捜査資料を
確認。

沙羅は資料の中の首の後を写した写真を発見、柄が魚の形をした
ナイフと一緒に写真を取りました。

同僚が戻ってきて、女は浮気されると浮気相手を憎み男は浮気相手ではなく
女を憎む、私が唯一の存在とアピールしているというのを聞きました。



沙羅のもとに槙雄が現れ誰かに殴られたと電話しただろうと言い、
金城が見ていることに気づいた沙羅は場所を変えます。

電話は愚痴だったと沙羅はごまかし、予定をキャンセルしてきたと槙雄、
沙羅は謝罪。

最近の真緒子は別人みたいだと槙雄は指摘しますが嫌いではないと言って
旅行に誘いました。

沙羅は槙雄にキス、槙雄は帰り、沙羅は頭を抱えました。



泉は電話でエレナと真緒子が射殺した女は関係があり、それを
エレナが沙羅に伝えに来たのではと告げました。

エレナに警察に捕まったら困るだろうと脅され2人で
会おうと言われたと報告。

1人で行くのは危険だと泉は注意、なぜ私たちはクローンなんだろうと
沙羅は私が私だけなら良かったのにと思ったと告げました。



金城は戻ってきた沙羅に至近距離で接触して女と気づかなかったのかと
問い、何も喋らなかったしパニックだったしと沙羅は返答しました。

身元不明者について問い、顔の復元ができる可能性が出てきたと金城は
告げて沙羅から離れ、沙羅は動揺、頭を抱えました。

エレナから電話があり、真緒子が射殺した高畑との関係を沙羅は問い、真緒子は
私が誰だかすぐ気づいたとエレナ。

エレナは招待状を送ったと告げ、沙羅はPCを操作、住所を書き留めます。

添付されていたファイルを開くと、エレナがオフィスにて高畑を
殺したくて殺したという趣旨のビデオが流れました。



沙羅に扮した理華を連れて薫は冴子のもとを訪問、
冴子は2人を招き入れました。



金城は男と女は匂いも違うだろうになぜ椎名は犯人が
女と気づかなかったのかと疑問。

真緒子の机を調べ、メモに住所が記されていることに
気づきました。



沙羅は金城に自分は椎名真緒子ではなく青山沙羅だという
内容のメッセージをスマホに吹き込みました。

その後指定された住所を訪れエレナと対峙、エレナは沙羅に近づき
他と違うと告げます。

私はもうすぐ死ぬとエレナはどこから来たか問い、本当の親は知らないと
沙羅は問い返します。

高畑は親かと沙羅は問い、高畑はお前のことも作るとエレナは
真実の光を見て過ちに気づいて正しい方へ来たと告げました。

真緒子の死の真相を問い、エレナはお前は私が救えると沙羅に触れ、
沙羅はエレナを突き飛ばしました。

沙羅は洗脳されていると指摘し皆クローンだから殺す必要はないと告げ、
エレナは黙れと絶叫。

私たちは姉妹だと沙羅は説得、エレナは動揺しお姉ちゃんには愛があったと
沙羅に接近して銃を自分の額に付けました。

エレナは引き金を引くよう告げ、金城の声が聞こえ、沙羅はエレナを窓から
逃しました。



金城は銃を持って部屋に突入、ここがどこだか分かっているのかと問い、
困惑する沙羅。

ここはお前が撃った女の家だと金城は告げました。



裸足で逃走したエレナは途中で倒れ、車から男が降りてきて
エレナに十字を切りました。

第4話終わり。

関連記事
オーファン・ブラック日本版ネタバレ4話の視聴感想
オーファンブラック 土ドラネタバレ5話目の視聴感想
オーファン・ブラック日本版のネタバレ
精霊の守り人最終章のネタバレと感想
咲-Saki-阿知賀編実写版のネタバレ





スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。