So-net無料ブログ作成

オーファン・ブラックネタバレ3話 [オーファン・ブラック~七つの遺伝子~]

オーファン・ブラックの3話目のネタバレです。
あらすじ
沙羅は真緒子として刑事に復帰しました。
※ここから先はネタバレしています。

クローンで命を狙われていると知らされた沙羅は大笑い、理華の子どもが
現れ理華は慌てて上の階へ連れて行き、泉と沙羅は身を隠します。

泉は理華やあなたみたいになりたかったと告げました。

沙羅を待つ薫は待ちきれず室内へ、理華と遭遇し理華は銃を構え、
薫は悲鳴を上げ、理華も悲鳴を上げました。

騒ぎを聞きつけた沙羅と泉が駆けつけ、沙羅は薫の前に立ち
理科に銃を降ろさせました。

理華を平手打ちして今度弟に手を出したらこんなんじゃ済まさないと忠告、
母親にも殴られたことないのにと理華。

なぜ上げがいっぱいいるのかと薫は動揺しました。



金城に呼び出された沙羅は槙雄と別れそうだからと返金を求め、
復帰してからだと金城。

沙羅の復帰が今日からと決定しそのまま現場に向かうよう上司は
指示しました。



現場は沙羅がオクの遺体を埋めた場所で、ゴルフ場建設予定地で
ショベルカーを使用したため遺体はばらばらになってしまっていました。

顔の確認は無理でも指紋は取れると鑑識、沙羅は泉に電話し報告、
オクは外国人だし誰にも犯罪歴がなければ大丈夫と泉は告げました。



警察に戻った沙羅は指紋の照合にどれくらい時間がかかるか探りを入れ、
金城は沙羅が銃に弾倉を装填していないことに気づきました。

討つのが怖いんだろうと金城は指摘し事件から外れるよう指示しました。



薫の家に沙羅は泉を招待、同じ顔に驚く薫にすぐになれると泉、
クローンなんて信じていないと沙羅は告げました。

沙羅は泉にブリーフケースを渡し、オクは病気がひどかったようだが
私達もなるのかと沙羅は尋ね、調べないとわからないと泉。

半年前に韓国のオクから真緒子にSNSでコンタクトを取ってきたと泉は知り合った
経緯を説明、娘がいると沙羅、それは死ねないねと泉。

真緒子は奥が自分とそっくりだと知って日本にも同じ顔がいるか調べたと泉、
どうやって調べたのかと沙羅は問い、免許証を調べたらしいと泉。

免許う取ったことがないと沙羅は同じ顔のやつに犯罪歴があるとは思わないだろうと
告げ、誤認逮捕された経緯を説明しました。

泉は真緒子のふりして刑事を続けていれば情報をコントロールしたり出来ると提案、
沙羅は断り、泉は謝罪しました。



翌日警察署にやってきた沙羅に金城は明日は射撃訓練だと告げました。

犯人からバラバラ遺体の身元を知っていると電話があり、殺されたのは土の中ではなく
カナハマと告げ、犯人は電話を切りました。

金城は更に残って発砲事件がないか調べるよう指示、沙羅はPCを操作しようとしますが
パスが分からず、近くと通った男性に設定を変えてもらい、
鑑識のフロアを教えてもらいました。

鑑識を訪ねた沙羅は手伝うと告げてPCを操作、指紋照会結果がメールで送られていて
沙羅の犯歴情報が添付されていて、沙羅はメールを削除しました。



カナハマを訪れた金城と部下は建物内に車の窓ガラスを発見、弾道を推測します。



沙羅は泉に電話して状況報告し明日までに銃が撃てるようにならないとやばいと告げました。



発砲地点と思われる場所を訪れた金城たちはバイクのタイヤと赤い髪の首だけの
人形を発見しました。



理華は薫に子供たちの面倒を頼み、沙羅の射撃練習に付き合います。

自分の家族は自分で守るのよと真緒子が射撃を教えてくれて銃も
調達してくれたと理華は話しました。

真緒子はどんな人かと問い、いつも冷静で大人だったと理華は母親とも
うまくいっていないと告げました。

本当の子どもと思われてないのかもと言う理華にちゃんと思われているよと沙羅は
言いました。



沙羅は冴子を訪問、一緒に鉢植えを作り、萌絵が寝る前なら会って絵本を
読んであげたらと冴子。

約束したら必ず守ることと冴子は告げ、沙羅は了承しました。



真緒子の家で理華たちを裏切ってお金を持って逃げることを話し合う沙羅と
薫、槙雄が帰宅、薫は慌てて身を隠します。

何故戻ってきたのかと沙羅は問い、着替えを取りに来ただけと槙雄は
自室で荷物をまとめます。

今までずっとごめんと沙羅は謝罪、もう疲れたと槙雄はストレスをぶつけて
受け止めてほしい時だってあると訴えました。

2人は見つめ合いキスして槙雄は荷物を持ち出て行く前にランチでもと誘い、
沙羅は了承しました。



金城の前で射撃の腕前を披露した沙羅、バラバラ事件の現場にいたのは3人だと
金城は報告。

金城のスマホに連絡が入り2人は現場に向かいました。



向かった先にはバイクがあり、金城はバイクに触れて銃を抜き、沙羅も
銃を手にしました。

2人で建物に侵入、警戒しながら進み、聖書とオクの写真とメモを発見した
沙羅はオクの写真をポケットへ仕舞います。

メモを読み上げる沙羅、同じ文章が壁にも書かれていました。

銃を構える人物に気づいた沙羅は金城をかばい、2人はソファの影に隠れます。

金城は顔を負傷、動揺する沙羅に犯人を逃がすなと金城は怒鳴り、
沙羅は一人で犯人を追跡。

沙羅は犯人に抑え込まれナイフで刺されそうになり、真緒子ではないと叫び、
犯人は被っていたフードを外しました。

犯人は銀髪で沙羅と同じ顔をしていました。

第3話終わり。

関連記事
オーファン・ブラックネタバレ3話の視聴感想
オーファン・ブラック日本版ネタバレ4話「邪悪な天使」
オーファン・ブラック日本版のネタバレ
精霊の守り人最終章ネタバレ4話の視聴感想
咲-Saki-阿知賀編実写版ネタバレ2話の視聴感想





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。