So-net無料ブログ作成

初森ベマーズ第11話「夏の終わり、決戦の始まり」のネタバレ [初森ベマーズ]

初森ベマーズ第11話「夏の終わり、決戦の始まり」のネタバレです。
あらすじ
初森ベマーズはポラリス学園との決勝戦に臨みます。
※ここから先はネタバレしています。
キレイの投げる球が210キロと知り驚く初森ベマーズ。

ななまるが魔球を投げても打たなければ意味はないとカマタは勝負の鍵は打線にあると思えと告げ、イマドキはバッターボックスに立ち魔球を要求。

ななまるは魔球を投げ、イマドキは空振り、ななまるの肩から湯気が出ているのをユウウツは目撃しました。

もう1球とイマドキ、今から漫研の集まりがあるんだったとななまるは抜け、部室で方に冷却スプレーをかけました。



医者を受診したななまるは1ヶ月は肩を休めるよう言われました。



もんじゃ焼き屋で頭領や司法浪人は父親が女作って出ていったという話をしていて、ななまるは店の外でその話を聞いてしまいました。

公園で泣くななまるのもとにカマタが現れ、ななまるは父のことを話し、カマタはななまるを練習場へ連れて行きます。

練習が終わった後も練習を続けているメンバー、巻き込んで申し訳ないという思いは自惚れだとカマタは彼女たち自身の戦いだと告げました。



父に呼び出されたキレイは母親候補の資料を見せられて勝手にしたらいいと怒り、お前はいい加減前に進まなければならないと父。

私のママは世界に1人だけだと言ったとキレイは言い部屋を飛び出し、車に乗りこみました。



初森ベマーズは初森公園で練習終了にジュースで乾杯、それぞれななまるに感謝を述べます。

コテが花火を取り出し皆で花火を行い、それを見た運転手は相手チームは楽しそうだが相変わらず素人のようだと告げました。

だから厄介だとキレイは大事な勝負が近いのに楽しんでいると言いました。



キレイとシェリーはキャッチボールを行い、シェリーはこんなふうに2人で最終調整をするのは初めてだと感謝を述べます。

明日はチームワークが大事だから私達が最高のバッテリーだと見せつけてやろうとキレイ、うんとシェリーは笑顔でうなづきました。

2人が廊下を歩いていると母親候補の女性が現れました。



ななまるは母に父は女性と出ていったというのは本当かと尋ね、自分にも救える命があると言って外国人の女性と日本を出ていったと母は答えます。

いつか必ず返ってくると信じてると母、どうしてとななまるは尋ね、七瀬がおとなになったらボーリングで対決すると言っていたからと母。

ななまるは微笑みました。



母親候補の女性はキレイを父の書斎に案内、書斎にはキレイ母の写真やキレイが描いた絵やプレゼントした肩たたき券が額に入れられていました。

あの人が探し求めているのは新しい家族ではなくあなたの笑顔だと母親候補の女性は言いました。



翌朝、キレイ父は宝物を母親候補に失くされたと不機嫌な様子で朝食を取り、そこにキレイが現れこれのことかと肩たたき券をテーブルに置きました。

どうしてお前がこれをと父は手に取り、宝物はこれではなくてと取り繕い、キレイは肩を叩きながら有効期限を書いておくんだったと言います。

何を生意気なと父、再婚相手はパパが決めることだとキレイ、俺はなと父は言いかけ、おしまいとキレイは時間があるなら見に来てと告げました。

決勝戦勝つからとキレイは子供の頃描いた3人が笑顔の絵を見せてこの顔が見られるかもと言って、絵をテーブルに置いて部屋を出ました。



皆の待つ場にななまるが到着、イマドキが肩をたたいた時痛がったのをカマタは目撃、ななまるの服をめくり肩から湯気が出ているのを確認しました。

場所を移動、どうして相談しないと問い、すみませんとななまるは大丈夫と言い、カマタは平手打ちをしてあなたの未来に関わることだと告げます。

だから投げたいとななまる、ハジマル公園を守る理由なんてとカマタ、私は父を信じますとななまる。

それに昔の思い出だけではなく初森ベマーズの思い出も詰まっているとななまるは絶対に守ると言いました。



初森ベマーズ対ポラリス学園の試合に権田原と秘書も駆けつけ、試合が開始されました。


第11話終わり。

関連記事
初森ベマーズ第12話最終回「もう少しの夢」のネタバレ
初森ベマーズ10話~最終回までの視聴感想
初森ベマーズのネタバレ
徳山大五郎を誰が殺したか?のネタバレ
死弊-DEATH CACH-のネタバレ





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました