So-net無料ブログ作成

初森ベマーズ第8話「封印された変化球」の視聴感想 [初森ベマーズ]

初森ベマーズ第8話「封印された変化球」の視聴感想です。
※ネタバレしています。
今回ななまるは変化球を身に着けますが、まるで魔球のような変化球でした。

キレイも魔球のような球を投げますし、現在対戦をしている磨黒水産女子も魔球の様は球を投げるようですね。

スポ根系には魔球が似合いますが、これからの対戦相手は皆魔球を投げるんですかね?



イマドキが追試をパスしないと退学になるとブナンが知らせに来ましたが、留年ではなく退学なんですね。

公立高校だと思っていましたが、超厳しい私立なんですかね?



次の対戦相手は磨黒水産女子という、ポラリス学園と決勝でぶつかった強豪校だから、イマドキが出られないのはイタイですね。

一応人数的には1人抜けても問題ありませんが、イマドキは運動神経いいですからね。

イマドキの抜けた穴は補欠のユウウツが埋めますが、どうでしょう?



ななまるは次の試合に向けてカマタに変化球を教えてほしいと頼み、カマタはななまるとコテをとある人たちに会わせます。

その人達とは、上野由岐子選手と山本優選手です。

当時ソフトボール日本代表選手だった人たちですよね!

ドラマに出演していたとは驚きです。



左右に大きく揺れる変化球を披露して、凄まじいから上野選手は試合で投げないとカマタは説明していました。

あんな変化球が投げられたらどのチームもお手上げです。

左右に大きく揺れる変化球『四蝋投(スーロートー)』という、4本の蝋燭をジグザグに進むことから名づけられたようです。

ドアノブを回すような回転だとカマタは言っていました。

誰でも覚えられる変化球じゃない『四蝋投(スーロートー)』を短期間で覚えろという方が無理な話です。

案の定ななまるは苦戦します。



ななまるが変化球習得に苦戦している間、イマドキは退学回避のためにブナンに勉強を見てもらいます。

そこにカチドキが現れケンカの助っ人を頼みますが、勉強の邪魔とイマドキは追い返しました。

シオドキとトキドキはイマドキに憧れて同じ学校を選んだと言っていました。

イマドキは結構有名人なのかもしれません。



イマドキはもんじゃのためにソフトボールをやっているのかと思っていましたが、実は「見たことがない景色を見たいから」という理由もあったんですね。

青春真っ盛りというセリフですね。

ブナンはななまるたちと同じハジマル公園のためと、皆で何かをやる喜びを感じるためらしい。

私は感動とか達成感とか感じない人なので、皆で何かをやっても喜びを感じないんですよね。

だから、ちょっと彼らが羨ましいとか思ったり・・・しないかな。



準決勝前日、ななまるは相変わらず変化球に苦戦、ブナンは昇降口で倒れているシオドキを発見し、カチドキたちが拉致られたことを知ります。

イマドキに知らせようとしますが、余計な心配をかけないために1人でカチドキたちを助けに向かいました。

不良女子グループのもとへ向かい、勝ちド血たちを返してと頭を下げるブナンを不良女子グループはボコボコにしました。

でもブナンは一歩も引かず、かっこよかったですね!

特攻服を来たアカデミーたちが助けに来て、舞台の小道具を使って威嚇、不良女子グループを追い払うことに成功しました。

ノリノリだったことを指摘されたマルキューが「一回やってみたかった」ということろは可愛かったです。

イマドキが知らせを受けたときはもう戻ってくるときで、カチドキは「いい仲間を見つけたな」と言って、どうやら今のイマドキを認めたようですね。



準決勝当日、結局ななまるは変化球を習得できずでしたが、コテやメンバーの励ましのお陰で四蝋投を成功させました。

しかし磨黒水産女子は大して驚いている様子はなく、むしろ面白くなりそうと言っていました。

彼らも変わった球を投げるのでしょうか?

以上です。

関連記事
初森ベマーズ第8話「封印された変化球」のネタバレ左右に大きく揺れる変化球
初森ベマーズ第9話「幻の変化球vs秘球『魚群』」の視聴感想
初森ベマーズのネタバレ
銀と金第12話最終回「最狂の麻雀 衝撃の結末」のネタバレ麻雀対決決着
クズの本懐第12話最終回「交わした契約」の視聴感想





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました