So-net無料ブログ作成

クズの本懐第11話「誰の記憶にも残らないで死にたい」のネタバレ [クズの本懐(実写)]

クズの本懐第11話「誰の記憶にも残らないで死にたい」のネタバレです。
あらすじ
皆川先生は普通のデートを重ねる鐘井先生に困惑します。
※ここから先はネタバレしています。
水族館デートを行う皆川先生と鐘井先生。

皆川先生は体を求めてこず、自分が求めているような状況に困惑します。



水族館で女連れのタクヤと遭遇、タクヤは鐘井先生に皆川先生の本性を告げて去りました。

皆川先生は本当のことだと開き直って帰ろうとし、鐘井先生は皆川先生の手を握って止めなくていいと告げました。

どういう意味かと皆川先生は問い、そのままの意味だと鐘井先生はデートはこれっきりかと尋ねました。



麦のベッドの中で自分が他の人と寝るのは嫌かと尋ね、嫌だと麦は答えます。

茜さんは全然そういうのないのかと麦は尋ね、こっちに落ちそうと思っている相手に他の女がいたらちょっと悔しいかもと皆川先生。

自分が思っているよりずっと子供かもしれないがそこが魅力だと思いながら麦は皆川先生にキスをしました。



服を着た皆川先生は寝ている麦を起こして両親が帰ってくる時間だと告げます。

誰かを変えるためには自分が変わらなければならないと理解した麦は、自分が変わらなければと皆川先生を背中から抱きしめます。

デートがしたいと麦は皆川先生の体の向きを変え、大人じゃないし割り切れないし面倒くさい奴だけどそれが好きということだからと言いました。

皆川先生は麦を見つめ、どこ行くと尋ねて微笑み、麦は皆川先生を抱きしめました。



久しぶりの学校に居心地の悪さを感じる花火は、金井先生に告白したことや早苗に友達でいてといったときのことを思い返します。

帰ろうと教室を出た花火は廊下で麦と遭遇、2人は何も話さずすれ違い、花火は足を止めて振り返りますが麦はそのまま歩き続けます。

花火は再び歩きだし、麦は足を止めて振り返りましたが花火の姿はありませんでした。



水族館デートの時、デートはこれっきりかと尋ねられた皆川先生は一泊ならと答え、鐘井先生と温泉旅行にやってきました。

それぞれ温泉を満喫し夜、皆川先生は男好きなことを止めなくていいと言ったことについて問いただします。

好きでやっているのだろうから止めなくていいと鐘井先生、聞きたいのはそっちがどう思うのかということだと皆川先生。

考え込む鐘井先生、嫌がってくれないと嫌だと皆川先生、嫌がらないと嫌われるかと鐘井先生、嫌いになりますと皆川先生。

たとえそうなっても俺は好きだと鐘井先生の言葉に皆川先生は私なんかのこと何で好きなのと泣きながら尋ねます。

鐘井先生は皆川先生の隣りに行ってタオルを差し出し、好きの理由を説明するのは難しいけど好きな人が元気で生きていてくれればそれでいいと言いました。

あなたはそれで満足できるのかと皆川先生、欲望が止まらなくなり大切な人を傷つけるのではないかと怖くなると鐘井先生。

皆川先生は鐘井先生の手を取り、それでもいいからもっと欲しがってと告げ、鐘井先生は皆川先生を抱きしめました。



自室で勉強していた花火のもとに鐘井先生からLINEメッセージ『明日ちょっと話せるかな?』が届きました。



自室で勉強していた麦のもとに『明日11時でいいですか?』に対する茜からのOKという返事が届きました。

それを見て麦はかつて誰の記憶にも残らないで死にたいと言っていた茜のことを思い出しました。



デート当日茜は麦に結婚すると報告、飼われますかと麦は尋ね、皆川先生は微笑んで頷きました。



鐘井先生は公園で結婚すると花火に報告、相手はと鐘井先生は言いかけ、皆川先生でしょと花火。

なんでわかったと鐘井先生に、バレバレだと花火は笑い、おめでとうと言いました。

デート終了し別れた後、麦は前に垂れの記憶にも残りたくないと言っていたが俺は絶対忘れないと叫び、茜はありがとうと小さく言って去りました。

麦はその場で涙し、皆川先生にサヨナラを告げました。


第11話終わり。

関連記事
クズの本懐第11話「誰の記憶にも残らないで死にたい」の視聴感想
クズの本懐第12話最終回「交わした契約」のネタバレ
クズの本懐のネタバレ
掟上今日子の備忘録 第7話ネタバレ感想。須永は自殺?最初はいい雰囲気で調査
グッドモーニング・コールネタバレ5話「2人きりの年越し」の視聴感想





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました