So-net無料ブログ作成

男水!第7話の視聴感想 [男水!(実写)]

男水!第7話の視聴感想です。
※ネタバレしています。
龍峰で練習を行うようになったからか、気合が入っているからか東ヶ丘水泳部メンバーのタイムは順調に短くなっているようですね。



都大会の予選表が配られ、平と秀平は決勝まで当たらないようです。

それを知った平は秀平に決勝に来てくれるよねと尋ね、絶対にと秀平は応えていました。

この2人は良いライバル関係ですね。

平は自分が決勝へ行くことを疑っていないようですが、秀平は「絶対に」と答えていたので決勝に行く自信がついたということですかね。

決勝で秀平が勝ったら平は背中を押したり何かと協力したりしたことを後悔するでしょうか?



大樹も順調にタイムが縮んでいるようですが、礼央とのことが気になっているせいか荒れています。

秀平も川崎もそのことに気づいているようですが特に何も言いませんでしたね。

まあ結局川崎が背中を押し、大樹は秀平に本心をつぶやくように告げ、秀平もちゃんとぶつからないとと言って、2人はレオのもとへ向かいました。



礼央は2人を避けているような振る舞いをしていましたが本心を打ち明けられて、礼央も思っていることをぶつけましたね。

どうやら礼央は大樹のことをライバルとしてみていたようですが、大樹はそれを知りなが
ら逃げてしまったようです。

そんなことをされたら誰だって怒りますが、当時の大樹は勝つことより3人で泳ぐことに意味があると考えていたのかもしれません。

秀平や大樹と本音でぶつかることが出来て礼央はようやく振り上げたこぶしを下ろせて良かったですね。

仲良かった頃のようには戻れないでしょうけど、礼央の2人を見て不機嫌になることはもう無いだろうし、普通に話をする日もそう遠くないかもしれません。



東ヶ丘のプールの修繕工事が終了し、戻ってからもハードな練習をしたようです。

そしてと大会当日を迎えました。



次がいよいよ最終回ですね。

都大会は水泳強豪の龍峰と弱小水泳部の東ヶ丘の対決という感じになりそうです。

秀平と大樹は速く泳げるようになっているようですが、大会に出場するメンバーは他に結太がいましたよね?

結太はどうなのでしょう?

前回1年だけど優勝を目指すと言っていましたが、今回あまり触れられていませんでした。

一応速く泳げるようになっているんだろうなというのはなんとなく解りますが、どうなのでしょう?

まあメインは礼央と大樹、平と秀平だからあまり取り上げられないのは仕方がないのかな?

なんにしろ、皆には頑張って欲しいです。

以上です。

関連記事
男水!第7話のネタバレ
男水!のネタバレ
クズの本懐第5話「似てるの。ろくでもない所が・・・」のネタバレ早苗と関係を持つ
傘を持たない蟻たちは 第3話ネタバレ感想。ゲイを告白





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました