So-net無料ブログ作成

ホクサイと飯さえあれば第5話「幸せのダブル親子丼」の視聴感想 [ホクサイと飯さえあれば]

ホクサイと飯さえあれば第5話「幸せのダブル親子丼」の視聴感想です。
※ネタバレしています。
毎回思うのですが、凪はいつも学生服ですね。

でも学校に通う凪を想像できません。



母と電話しながら送られてきた大量のポケットティッシュやタオル、可愛らしい服や風邪薬など確認するブン。

母は理想のキャンパスライフを語り、ブンは耳タコでブチ切れ、母にバカ、知らないと告げ電話を切りました。

気持ちは解りますが、私はブンのようには出来ませんね。

ひたすら耐える派です。



大学で『走れメロス』を読むブンに読書とは珍しいとジュン。

私は『走れメロス』を呼んだことがないので内容をあまり知りませんが、友達が人質にされてメロスが一生懸命走るというのは知っています。

しかし、メロスが友達を人質として差し出したとは知りませんでした。

確かにそんなことをされたら、ジュンじゃなくても怒るかもしれません。

まあ止む終えない事情なら・・・それでもやっぱり怒るかな?



ブンは怒らなそうとジュン、そんなことはないとブンは否定します。

ホクサイは内弁慶と言っていましたね。

腹を立ててもブンなら魔法で解決しそうだとジュン、それを聞いてブンは買い物に行くと告げて席を立ちました。

ブンはジュンに指摘されるまで、それを思いつかなかったようですね。

めったに怒らないから思いつかなかったのか、腹が立ちすぎて思いつかなかったのか。



ブンはたまご屋でお高い卵を眺め回し、エアたまごかけごはんを作り、店主だけではなく通行人も聞き入ります。

店主はブンのエアたまごかけごはんを気に入ったようで、お高い卵を差し出していました。

プレゼント、というわけではないでしょうね。

というか、卵にも旬があるとは思いませんでした。

2月~4月は有精卵で母親のお腹の中にいる期間が長いとかなんとか。

だから栄養たっぷりで美味しいらしい。

気にしたことなかったです。



卵を手に入れてルンルンのブンでしたが、玄関先で凪に脅かされ、卵を放り投げてしまい、キャッチしようとしますが失敗。

卵は全滅、ホクサイは凪に謝罪を促しますが凪は謝らず、ブンは卵を日没までにたまご屋さんで買ってこいと告げ家に駆け込みました。

さすがにまずいと思ったようで、凪は土手で謝罪の練習、柑田川が生徒に女を怒らせたら花だとアドバイスを聞いて花屋に立ち寄り謝罪の練習。

可愛いですね。

結局花は買わず、八百屋で三つ葉を発見して買いました。

凪は四葉の三つ葉をブンに贈りましたが、現実にあるんですかね?

クローバーなら見たことありますが、あれは突然変異だと聞いたことがあります。

三つ葉にも同じようなことがあるのでしょうか?



凪が卵を買いに行っている間、ブンは冷蔵庫をあさりますが、メニューが思いつかず。

レトルトカレーで空腹を満たそうとしますが、賞味期限が切れていて投げ捨て、テーブルにおいてあった開封済みの牛乳に直撃、床に溢れます。

ブンは慌てて拭くものを探し、母が送ってくれたポケットティッシュとタオルを使用します。

ポケットティッシュは大量にありましたから、使いたい放題ですね。



床掃除が完了したブンは送られてきたものにメモに番号が振られていることに気づきます。

一通り集め、その過程で親子鍋を発見しました。

親子丼を作る道具を親子鍋と言うんですね、知りませんでした。



ブンが親子鍋を洗っていると凪が戻ってきました。

卵は冷蔵庫へとブンは凪を見ずに告げ、凪は買ってきたものを入れ、頭を下げて謝罪します。

ブンは許すと告げて、罪滅ぼしに手伝ってもらうと言いました。

ブンの優しい性格が現れているシーンですね。

そして決め台詞(?)の「私の頭の中ではすでにメニューは決まっているのです」を告げて、調理を開始します。



必要な材料を切って、親子鍋を火にかけ、水や出しなどを加え、食材を投入して三つ葉がないことに気づくブン。

凪はすかさず冷蔵庫から取り出し、これぞ以心伝心とホクサイ。

三つ葉の花言葉を言おうとする凪でしたが、ブンは興味ないと三つ葉をザクザクと切り、親子鍋に投入、溶き卵を流し入れました。

凪は若いのに雑学が豊富ですね。

ご飯をよそうよう凪に指示、凪はご飯を丼によそい、火にかけられている親子鍋を見てもういいのではと言いますが、まだとブンは答えます。

あんまり火にかけると卵が固くなり過ぎてしまいそうですが、見た限りでトロトロでしたね。

その間幼稚園が嫌いで駄々をこねるブンに母が親子丼を作ってくれた思い出を語りました。

私は幼稚園ではなく保育園だったので、物心ついた頃から通っていたせいか嫌だと思ったことは1度もありません。

そのせいか嫌だと泣く子供を時々見かけますが、何が嫌なのかさっぱりです。



親子丼が完成、かと思ったらブンは追い卵をしました。

完成した親子丼に卵黄を載せることを追い卵を言うんですね、知りませんでした。

でも私、生の黄身は苦手なので、乗っていないほうが好きですけどね。

子供の頃から現在に至るまで卵黄より卵白が好きです。

半熟だとトロッとしていて固くてもプリッとしているので。



その日の夜、ブンは母に電話して謝罪、母はメモを番号順に並べたか尋ね、ブンは並べ隠されていたメッセージ『いつも笑顔で』を発見しました。

今流行の縦読みとホクサイは言っていましたが、流行っているとは知りませんでした。

時々見かけるなとは思っていましたが。

辛くなったら帰ってきていいからと母、友だちもいるしホクサイもいるからとブン。

仲のいい母娘ですね。

以上です。

関連記事
ホクサイと飯さえあれば第5話「幸せのダブル親子丼」のネタバレ決めては追い卵
ホクサイと飯さえあれば第6話「攻めの味噌煮込みうどん」の視聴感想
ホクサイと飯さえあればのネタバレ
咲-Saki-第2局のネタバレ咲が麻雀部に入部
初森ベマーズ第1話「ここから、はじまる」の視聴感想





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました