So-net無料ブログ作成

咲-Saki-第4局のネタバレ ドラマ最終回 [咲-Saki- (実写)]

咲-Saki-第4局のネタバレです。

あらすじ
全国大会県予選に向けて咲たちは合宿を行います。
※ここから先はネタバレします。
合宿のため旅館を訪れた咲たちはその豪華さに驚き、学生議会長の権限でも使ったのかとまこは久に問います。

何の実績も残していない麻雀部にそんなことは出来ないと久は否定、女将に合図を送り、女将は着替えを持って現れました。

旅館の宿泊のために麻雀部は風呂や客室の掃除を行いました。



掃除でへとへとになった麻雀部員たち、優希が露天風呂に行こうと提案、咲たちは乗り気になりましたが、課題が済んでからだと久が制止しました。

それぞれの弱点を克服するために久は課題を与えました。

優希は体力と集中力を養い、まこは雀荘と競技麻雀は違うからと対戦校の10年分の牌譜に目を通す。

和はPCでばかり麻雀を打っているのでリアルな情報に耐性をつけるためにツモ切り動作の反復、咲はネット麻雀を行なうことになりました。



走り込みの後、部屋に戻ってそれぞれ課題に取り組みますが、それぞれ苦戦します。

翌日早朝、久に起こされ、咲たちは旅館の手伝いを行い、その後課題に取り組みます。

優希は課題に嫌気がさし露天風呂に行こうとし、まこと和も同調、咲はまだ課題がクリアできていないと誘いを断りました。

咲の真面目な姿勢に他のメンバーも再び課題に取り組み、ドアの外で聞き耳を立てていた久は微笑みました。



翌日、久は咲のPCを見て課題クリアしていることを確認、微笑み、全員を起こして旅館の手伝いは終了、今日から麻雀を打つと言いました。

課題を与えたけど劇的に上達するわけではないが、麻雀は運の要素もあるから麻雀に対するプラスの感情が勝率を上げることがあると久。

だからわざと麻雀の試合をさせなかったのかと和、団体戦はチームワークが大事、新メンバーが入ったばかりだったから心配だったけど大丈夫だと久、一同微笑みました。



露天風呂に入り、久は今年で最後だから全国優勝の夢くらい見させてとまこに言いました。

和は2人から少し離れた場所からその会話を聞いていました。



翌日早朝、咲は外に佇み、何を見ているのかと和が声をかけます。

景色が綺麗だなと思ってと咲は答え、私も一緒にと和は隣に並びました。

合宿は本当に楽しかったと咲は、大嫌いだった麻雀をここまで好きになれたのは和のおかげだと言いました。

あの時出会わなかったらこんな気持ちにならなかったと咲は和を見つめ、あなたのお陰で前よりもっと麻雀が好きになったと和も咲を見つめました。

和はまっすぐ前を見て約束絶対果たそうと言い、咲はうんと答えました。



合宿が終わり地元の駅に戻り、久は2年前廃部寸前だった麻雀部がインハイに出られるのは奇跡だと一同に感謝を述べ頭を下げました。

麻雀を打つ子は他の学校に行くから3人が入ってくれてありがとうと再び頭を下げます。

久はまこに歩み寄り、あなたがいてくれたからここまでこれた、ずっと夢を見続けることが出来たと涙を流し、まこは久を抱きしめます。

涙は全国優勝までとっとかないととまこ、うんと久はうなずき、わかってるといいました。

本気で団体戦で全国優勝するから、絶対県予選は勝つ、いいと久は一同に問い、はいと一同は答えました。



翌日、県予選大会が開催されました。


終わり。

関連記事
咲-Saki-4局の視聴感想
咲-Saki-第3局のネタバレコスプレ雀荘でプロに惨敗
咲-Saki- ドラマ版ネタバレ

  


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました