So-net無料ブログ作成

刑事ダンス11・12話の視聴感想 [刑事ダンス]

刑事ダンス11・12話の視聴感想です。
※ネタバレしています。
随分間が空いてしまいましたので、11話と12話の視聴感想を一緒に書こうと思います。

ユーヤがデカダンスのメンバーや島崎たちに銃を向けたときは本物だと思いましたが、水鉄砲でしたね。

何で水鉄砲を持ってきていたのでしょう?

メンバーたちを驚かせるためですかね?

普段と違うと思ったら、いつもの軽い感じに戻ったり。

ユーヤだけ過去が語られていないと思ったら、随分思い過去を背負っていたんですね。

あんなことをされたら復讐を考えるのも無理ないかなと思わなくもありません。

しかし相手が辰屋の好きな吉光全とは。

辰屋が吉光全の出世作のセリフをよく引用していますが、どんな気持ちで聞いていたのでしょう?

ユーヤはどんな気持ちで辰屋をフォローしていたのでしょう?

複雑ですね。



メンバーや島崎には復讐早めたと宣言したユーヤですが、やっぱり全然そんなことはなく、吉光全の控室へ向かいました。

ドアの前で躊躇するユーヤでしたが、足元にあるものを見つけて「何も疑うな」とつぶやいて部屋に侵入していきました。

あのとき何を見つけたのかなと思ったら、コードだったんですね。

ドアからコードが伸びていることにユーヤは気付きました。

そして、デカダンスのドッキリ企画のときのことをユーヤは思い出しました。

よくあの場面で思い出しましたね。

まあドアからコードが伸びている場面などそうそうありませんけどね。



部屋に侵入したユーヤ、その後一発の銃声が響きます。

部屋で倒れていたのは辰屋で、ユーヤは動揺します。

吉光全の控室に辰屋がいたのは、辰屋がサインを貰うために吉光の控室を訪れ、吉光はつまみ出そうとしますが、篠原課長がそれを制しました。

面白い余興を考えついた、と。

そうなんですよ、篠原課長は悪い人だったんですよね~。

以外です。

しかも、吉光が黒幕かと思ったら、篠原課長が黒幕だったんですよね。

最初は吉光が主導権を握っていましたが、ユーヤの父親を自殺に追い込んでから立場が逆転してしまいました。

吉光が絶対的な主導権を握っていれば、あるいはユーヤの父親は死なずに済んだかもしれませんね。



部屋で倒れている辰屋を見て動揺しているユーヤのもとに、吉光と警備員数名が部屋に現れました。

辰屋を病院へと叫ぶユーヤに、死んでもらわなければと吉光。

父親のように自殺してくれるのなら助けるとか言うし、救いようがないですね。


書き忘れていましたが、辰屋が吉光の部屋に残っていたのは吉光が辰屋にスーツの柄が変だからと自分のスーツを貸し、着替えていたからです。


でもそれは、部屋にやってきたユーヤに襲わせるためだったんですよ。

よくこんなことを思いつきますね、篠原課長。

ユーヤが吉光の控室に入るれたのは、ピコからカードキーを受け取っていたからですが、それも篠原課長が仕向けたことでした。

ピコの父親は無実の罪で逮捕されていて、ピコは篠原課長の言うことを聞かなければならない状況にあったんです。

本当によく思いつきますよね、篠原課長。


追い詰められたかに見えたユーヤですが、テルやDたちの登場でネタばらしです。

そうなんですよ、全部ドッキリだったんです。

辰屋は撃たれていないので、カーペットに飛び散った血は演出だしその様子は辰屋によって設置された隠しカメラでパーティー会場で流されるし。

吉光は言い訳のしようもありませんね。

会場には吉光が犯罪を告白しているように見える編集をされた映像が流され、とどめを刺されました。

会場にいた篠原課長も流石に動揺を隠せない様子でした。

ちなみに、その映像はショウが編集したのも。

今までの活動の集大成というところですかね。

さらにちなみに、都知事就任祝賀パーティーではデカダンスが歌を披露することになっていましたが、実際に歌ったのは胡桃沢くるみでした。

歌を歌っている様子を見て、そういえば初登場時は歌手だったことを思い出しました。

こうして吉光全と篠原課長は逮捕され、これにて一件落着、かと思ったら。

ユーヤも逮捕されました。

無罪にしようと思えば出来ただろに、ユーヤは結構真面目ですよね。

あるいはそれだけデカダンスのメンバーのことが大事だったのかもしれません。



デカダンスが活動を休止して5年後、ユーヤは出所しました。

出所したばかりのユーヤを島崎が出迎え一緒に食事をします。

父息子のように見えて、個人的に好きなシーンです。

ユーヤはデカダンスのメンバーと会うつもりはないと告げていました。

他のメンバーもデカダンスの活動再開について否定的なコメントをしていましたし、もう無いのだろうと思っていました。

でも違いましたね、そりゃそうですよね。

島崎と別れ1人歩くユーヤ、覆面をした謎の男たちが拉致、椅子に座らせ後手にロープで縛りました。

ユーヤは警察関係と判断、喋らないし芸能界には近づかないと叫びますが、相手は信じません。

実はこの謎の男たちはデカダンスで、島崎も一緒でした。

俺はプロだからとか言いながらスポットライトに照らされた島崎が何気にポーズを取っていて。

お茶目ですね。

ピコも一緒でしたが、他所にいたので証明でも操作していたんですかね?

胡桃沢があらわ現れ、いつも通り引っ掻き回したから予定より早く正体がバレてしまったようでした。

やり取りは全部ネットで配信しているとショウは打ち明けました。

警察関係者が犯罪に加担、新しい都知事も犯罪に手を染めていたという事実を政府が伏せているせいで、世間はユーヤが復讐のために殺人未遂を行ったことしか知りません。

でもこのネット中継でユーヤは何かを知っていて、それはあるいは命を狙われるようなことだということが知られてしまいましたね。

政府が事実を伏せていても、ユーヤの発言と吉光全の裁判でいろいろ明るみになりそうですけどね。

どうなのでしょう?

ややグダグダ感がありましたが、デカダンスは再始動、ライブをネットでも配信、視聴者数がうなぎのぼりで、ピコも驚くほどでした。

デカダンスは警察組織の一部として活動を始めていましたが、これからは純粋なアイドルとして活動するということですかね。

辰屋は刑事辞めていますから。

まあ島崎が関わる以上、警察と完全に手が切れることはないでしょうけどね。



最初見始めたときは、あまり面白いとは感じませんでしたが途中から結構面白いかもと思うようになり、最後まで視聴しました。

30分と短いのも良かったです。

やっぱり深夜ドラマは面白いですね。

終わりです。

関連記事
刑事ダンスネタバレ
ディアスポリス-異邦警察-のネタバレ
徳山大五郎を誰が殺したか?のネタバレ
警視庁ナシゴレン課のネタバレ

 


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました