So-net無料ブログ作成

咲-Saki-第3局の視聴感想 [咲-Saki- (実写)]

咲-Saki-第3局の視聴感想です。
※ネタバレしています。
アニメを見ているときは特に何も思いませんでしたが、和は結構意思が強いというか折れにくいというか。

プロに負けても悔しがる姿勢は高校1年制とは思えませんね。

咲は凹んでいたようでしたが、これは経験の差なのでしょうか?



部長の指示でまこの家が経営するコスプレ雀荘にアルバイトに向かった咲と和。

まこの古風なメイド姿もいいけど、咲と和のミニスカメイド姿も可愛かったですね。

個人的には咲にまこのようなメイド服も来てほしかったです。

和は先がきていたメイド服も似合いそう。



2人は最初、まこの指示で普通に働いていましたが、途中からお客さんと麻雀を打っていました。

部長は2人に団体戦のためのチームワークを学んでほしくて雀荘に送り込んだというようなことを言っていました。

まこはそれを知っていて、2人にお客さんと麻雀を打つよう指示したのでしょうか?

しかしプロが雀荘の常連とは驚きました。

しかもコスプレ雀荘です、さらにビックリ。

囲碁や将棋は確か勉強会のようなものが開催され、プロはそれに参加して勉強をする、というような話を聞いた気がします。

麻雀もそういうのがありそうですが、違うのかな?

この人がただ破天荒なだけなのかな?



咲は藤田プロが来店した瞬間、その存在感に気づきましたが、和はどうだったのでしょう?

気づいた風ではありませんでした。

そして対戦して咲は姉と似たような違和感というか、嫌な感じに萎縮しているようにも見えましたが、和はそうでもなかったように見えました。

これは感の良さの違いなのでしょうか?

それとも打ち方の違いか、もっと別の何かか?



咲と和は5戦して5戦とも負けてしまいました。

帰り道、すっかり凹み弱音を吐く咲にカツを入れる和。

喋り方は丁寧だし、それほど大きな声を出すわけではないのでわかりにくいですが、結構気が強いですよね、和は。

それに比べて咲は気が小さいというか、自分の意見を言わないというわけではありませんが、他のメンバーに押されている風に見える時があります。

和に励まされ咲は凹んでいた気持ちを改め、2人は麻雀部に戻って部長に強くなりたいと懇願しました。

二人がそういうことをわかっていたように、部長は合宿すると2人に告げました。

合宿はアニメでも登場しましたね。

アニメでは咲と和がお互いを名字ではなく名前で呼び合おうというシーンがありましたね。

2人の距離が縮むきっかけになったのが合宿でした。

ドラマではどういうふうに描かれるのでしょうね?

楽しみです。


それにしても、プロと知り合いとは、部長さんは随分すごい人脈を持っているんですね。

関連記事
咲-Saki-第3局のネタバレコスプレ雀荘でプロに惨敗
咲-Saki-4局の視聴感想
咲-Saki- ドラマ版ネタバレ
徳山大五郎を誰が殺したか?ネタバレ第10話渡邉理佐が長濱ねるに告白

  


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました