So-net無料ブログ作成

咲-Saki-第1局の視聴感想 [咲-Saki- (実写)]

咲-Saki-第1局の視聴感想です。
※ネタバレしています。
以前深夜にアニメが放送されていましたよね。

アニメは第3期まで放送されたのかな?

私は第1期しか見ていませんでしたが、麻雀がテーマということでどうかなと思いながらみました。

アニメは麻雀を知らなくても楽しめました。

ドラマはどうなのかなと思いましたが、第1話(第1局)を見た限りでは楽しめそうだなと思いました。



偶然であった咲と和、出会いが運命のように描かれていましたね。

まあ運命なのでしょうね、どちらにとっても。

アニメ版の和は大きなピンクのリボンを両側ツインにつけていて、実写でも大きなピンクのリボンをしています。

違和感あるだろうな~とか思っていましたが、案外気にならないものですね。

偶然出会った咲と和は、成り行きで一緒に麻雀を打ちます。

麻雀は『打つ』で合っているんですかね?

私自身麻雀をやらないし、周りで麻雀をやっている人もいないので分かりません。

とりあえず『打つ』という表現でいこうと思います。



1戦目2戦目と咲は±0で、和の圧勝で、3戦目も同じでした。

±0にし続けるのはたしかにすごいですが、勝ち続けるのも同じくらいすごいと思います。

まあ素人からするとですけど。

それにしても対戦していた3人は気付かず、スコアを見ただけの久が咲の点数調整に気づくとは。

中学生チャンピオンの和よりすごいかもしれませんね。

まあ素人考えですけど。



帰りかけた咲を呼び止めた和は3連続±0はわざとかと尋ね、いつもああなると咲は答えます。

つまりそうだということですよね、和にとってはショックでしょう。

勝利は眼中にないのですから。

再び部室に戻った咲と和は同じメンツで対戦します。

この時、和、まこ、優希の3人は咲の±0を阻止するために動きましたが、阻止できませんでしたね。

先とこの3人の力量差はどれほどなのでしょう?

久が圧倒的力量差だった毎回±0は可能かもしれないみたいなことを言っていました。

しかしドラマ内で、麻雀は運の要素が強いというセリフが何度か登場します。

力量差が圧倒的だったとしても、運がなければ毎回±0は無理、つまり、咲は技術だけではなく運も圧倒的に強いということなのでしょうか?



イマイチ話についていけてない気がする・・・。

麻雀、難しい。

ボケ防止にいいとか聞きましたけど、難しいです。

興味が無いわけではないのですが、身近ではないから手が出せない、といったところです。



このドラマは全5話らしいので、一気に駆け抜けていく、というふうに見ていいのでしょうか?

それとも何回かに分けて放送されるんですかね?

そういえば、アニメでは男子生徒も登場していましたが、ドラマ版では男子生徒、いませんね。

見逃しているだけかもしれませんけど。

そういうアニメとの相違はものによっては嫌ですけど、このドラマはアニメも主要キャストが女性ですから、男子が出てこないことに違和感はありません。

あっという間に終わってしまうドラマですけど、楽しみたいと思います。

関連記事
咲-Saki-第1局のネタバレ咲と和の出会い
咲-Saki-第2局の視聴感想
咲-Saki- ドラマ版ネタバレ
徳山大五郎を誰が殺したか?ネタバレ第1話「隠シタイ」 教室に教師の遺体

  


スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました