So-net無料ブログ作成

刑事ダンス第9話「間際のリクエスト」のネタバレ醜態晒して人気急落 [刑事ダンス]

刑事ダンス第9話「間際のリクエスト」のネタバレです。

あらすじ
神堂は逮捕され、デカダンスの新曲は都知事選PRソングに選ばれ順調でしたが音楽番組で醜態を晒し一気に評価が下がってしまいました。
※ここから先はネタバレします。
新たな都知事は吉光全が選ばれ、警視庁警備部特殊芸能課第1係のTVでニュースを見ながら本当に良かったと辰屋は感激、ユーヤが現れ、その場にいた島崎はわずかに眉間に皺を寄せます。

吉光全に会うためにアイドル続けているのではとピコ(婦警)に言われ辰屋は否定、このまま順調に行けば祝賀パーティーに招待されるのではとユーヤ。

招待されても行くとは限らないと辰屋はカッコつけ、なら俺達だけで行くとユーヤ、嘘ですと本音を言う辰屋。

素直に言えよとピコ、好きだからこそ素直になれない愛ってそういうもんだろうと辰屋は再びカッコつけ、ナンならデカダンスは俺達だけでやっていくとユーヤ、まだアイドル続けたいですと辰屋は再びかっこ悪く本音を言い、ユーヤに抱きつきました。



デカダンスは生放送の音楽番組に出演、歌をまともに歌えず醜態を晒し、楽屋で島崎とデカダンスファンの格好をしている胡桃沢くるみに叱責されます。

同期を応援しようとうちわまで作った自分を殴りたいと言い残して胡桃沢は退室、島崎は無言で退室しました。

応援してくれたファンが手のひらを返すのを前に見たとテル、俺達は人気者だから1度や2度の失敗でビビり過ぎと辰屋はお気楽なことを言いました。



ラジオ宛てのメールを選んでいるデカダンスにCDの売れ行きが悪く、メールも作家が書いたものだと島崎は告げます。

1st.ライブが予定されていましたが、スポンサーが相次いで撤退、ラクロス将軍という劇をすることになりました。

不満を口にするデカダンスに演出家の女性は毒を吐きまくり、明日オフだったが稽古することに決め、明日は別の仕事があると辰屋、明日の仕事はなしになったと島崎は告げます。

残念がる辰屋、今週はラジオしか無いから休みをもらうので適当にやってくれと島崎、ユーヤは無言で島崎に視線を送り、島崎も無言でユーヤに視線を送り、稽古場から出ていきました。



稽古後、居酒屋は5人で食事を取り、辰屋は普通の刑事になりたいとこぼし、アイドルは刑事としての任務だろうとユーヤは叱責します。

刑事なのにアイドルの任務などやっていられないと辰屋、元詐欺師の言うことに振り回されて貯まるかと酔っ払った辰屋。

ユーヤは席を立ちどこかへ行こうとし、Dが僕達を見捨てるのかと声をかけ、女の子と飲みに行く約束をしていると笑い、デカダンスを見捨てない何があっても途中で諦めたりしないと告げて去りました。



同じ頃、島崎は密かに机の中の書類を確認していました。



ラジオの冠番組にてユーヤ以外やる気がなく、辰屋はアイドルをやめないかと発言しました。

険悪な雰囲気の中、ユーヤは明るい感じでメールを読み、オフの過ごし方についての質問で、女性と食事をしたと言いました。

辰屋とテルは再び互いをけなしあい、ショウも参戦します。

辰屋は喋るのをやめようとイヤフォンを外し席を立ち、ユーヤが引き止め、俺もこうなりたくなかったとつぶやくように言いました。

ユーヤの前に置かれたノートPCに本物のリスナーからメールが届き、辰屋は着席、メールに昨夜辰屋が牛丼屋で1人で牛丼を食べているのを見たと書かれていました。

続いてテルとショウも目撃したと書かれていて、スタッフの仕込みかとテルはスタッフを睨み、スタッフは違うと手を振りました。

ショウはメールの送り主を調べ驚愕、Dの目撃情報はと辰屋、昨日は稽古に行っただけとDは答え、オフなのにみんな稽古に来ていたとDは言いました。

辰屋もテルもショウも時間をずらして稽古場に通っていたと暴露、出来ないからと途中で諦めるのは嫌だと辰屋、テルは謝罪、ショウはライブの告知を行い、ユーヤは他のメールを読み始めました。



夜の港でユーヤは胡桃沢と会い、メールを送ってくれた事に感謝を述べました。

富と名声のためならなんでもする女だからと胡桃沢、自分以外のメールはガチなのだろうと言い、お陰でデカダンスを立て直せそうだとユーヤ。

これからいっぱいどうかと胡桃沢はユーヤを誘い、俺は酒飲めないと断り、もう少しだけアイドルを続けてみると告げて帰っていきました。

胡桃沢はユーヤを見送り、朝まで女の子たちと飲んでいたというユーヤの言葉を思い出し、毎晩朝まで寝ないで何をしているのかとつぶやきました。



デカダンスの1st.ライブ(ミュージカル)は成功、毒を吐き続けた演出は絶賛、辰屋とハグして帰りました。

ユーヤが吉光全の都知事就任祝賀パーティーの招待状を見せ、辰屋は喜び、武道館を目指そうと提案、調子のりすぎとショウは笑い、Dとテルは同意しました。

途中で諦めなければなんでも出来るよなと辰屋はユーヤに笑顔を向け、ユーヤは笑顔で同意しましたがすぐに動揺したような表情に戻りました。



車の中で神堂についてのラジオニュースを聞いていたユーヤはお前らとの約束は守れそうにないとつぶやきました。

車を降りて歩くユーヤの背後から島崎は声をかけ、自分の私利私欲のためにいつまであいつらを騙し続けるつもりかと問いました。



第9話終わり。

関連記事
刑事ダンス第9話「間際のリクエスト」の視聴感想
刑事ダンス第10話「HATE YOU ONLY」の視聴感想
刑事ダンスネタバレ

 


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました