So-net無料ブログ作成

死幣-DEATH CASH-第9話の視聴感想 [死幣-DEATH CASH-]

死幣-DEATH CASH-第9話の視聴感想です。
※ネタバレしています。
財津教授が若本刑事のもつ重を自分の眉間に向け、若本刑事は絶叫、その後、銃声が1発響き、財津教授は死亡しました。

教授が収監されていた場所に若本刑事の銃があったため茅原監察官は行方の分からない若本刑事の行方を追いました。

というのが前回までの話です。

こうやって見ると流れ的に財津教授を撃ったのは若本刑事ということになりますが、高山だったんですね。

まさか高山が行方不明になっていた小寺雄一だったとはね・・・。

死を偽装して別人として生きていたとは驚きです。

しかも警察官になってるし。

よく警官になれたものですよね、どうやったのでしょう?


しかし、どうやって若本刑事の銃を手に入れたのでしょう?

茅原監察官の口ぶりから察するに、銃は若本刑事のもののはずです。

財津教授に追い詰められた若本刑事が落とした、とか?

さすがにないですよね、人をモルモットみたいに扱う人のもとに銃を落としたまま去るなんて。



小夢は自分が重い病気であると知ってしまったんですね。

死にたくないと言った直後に小夢は心停止してしまい、なんとか蘇生しましたが、危険な状態です。

小夢のためにも治療をしたいだろうが1千万もの費用がかかるとか。

次に発作が起きたら助からないかもしれないと医者に言われた由夏はかなり追い詰められていますね。

現実では時々、高額な手術費用を工面するため、寄付を呼びかけている人を見かけたことがあります。

時間があれば寄付を呼びかけることも出来なくありませんが、小夢の場合、間に合いそうにありません。

若本刑事とも連絡が取れず四面楚歌状態の由夏の前に、とうとう死弊が現れました。

そういえば、由夏は死弊をちゃんと見るのは初めてですかね?

合宿の時、郁美が燃え残った死弊を手にしているのを見たのと、郁美の部屋で燃やされた死弊を手に取りシーンがありました。

しかし完全な形の死弊を手に取るは初めてだと思います。

由夏の目には死弊はどう写っているのでしょうね?

最近全然予知能力が登場しませんが、本当に消えてしまったのでしょうか?



いよいよ次が最終回です。

予告を少し見ましたが、由夏は呪いに襲われているシーンがありました。

ということは、死弊を使ったということですよね?

若本刑事は高山から死弊の呪いから逃れる術を聞き出して、由夏を助けることが出来るのでしょうか?

茅原監察官は死弊の呪いを信じて、若本刑事をサポートするのか、それともじゃまをするのか?

ようやく最終回といった感じですが、次回が待ち遠しいです。

以上です。

関連記事

死弊-DEATH CASH-第10話の視聴感想
死弊-DEATH CASH-第9話ネタバレ 高山の正体はもう一人の生き残り
死弊-DEATH CASH-第8話の視聴感想
死弊-DEATH CASH-のネタバレ
死弊-DEATH CASH-第5話のネタバレ 死弊誕生の理由



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました