So-net無料ブログ作成

精霊の守り人シーズン1第3話のネタバレ ラルンガの襲撃再び [精霊の守り人シーズン1]

精霊の守り人シーズン1第3話「冬ごもりの誓い」のネタバレです。

あらすじ
精霊の卵を狙うラルンガから逃れたバルサたちは、洞窟に逃げ込みました。
※ここから先はネタバレします。
ラルンガから逃れたバルサ、チャグム、トロガイ師、タンダは青霧山脈奥深くにある洞窟にやって来ました。

冬の間ここにいればラルンガに襲われないとトロガイ師、卵はいつ生まれるのかとバルサが尋ねるといつかはわからないとトロガイ師は答えました。

なぜ自分に卵が宿ったのかとチャグムはトロガイ師に尋ね、ナユグがお前を選んだだけでお前のせいではないとトロガイ師は答えました。



塞ぎこむチャグムを見ながら、王宮で不自由なく過ごしていた皇子が恐ろしい目にあっているのだからもっとおかしくなっても不思議ではないとタンダは言いました。

あの子にとって王宮に捨てられることほど恐ろしいことはなかったとバルサ。



水の民にラルンガの話を聞きに行ったが、ラルンガは土の精霊だからよく知らないらしいので土の民を探しに行くとトロガイ師は言いました。

トロガイ師はタンダを連れて土の民を探しに洞窟を出て行きました。



ジンは王宮に戻り、バケモノがチャグムを狙っていたように見えたと報告、魔物の始末はどうするかと聖導師は帝に尋ねます。

チャグムが魔物を呼び寄せたのだからチャグムを清めれば魔物もいなくなるだろうと言いました。



聖導師はチャグム皇子の体に宿ったものは精霊の卵で、卵が孵らなければ大干ばつに見舞われるとニノ妃に告げます。

大干ばつが起こると知らされ驚愕するニノ妃、帝の御心は変わらないだろうと聖導師は言いました。



雪が吹きすさぶ中、チャグムは外に干されていた魚を回収していると突然魚が消え、違う世界に引きずり込まれてしまいました。

バルサが異変に気づき、チャグムを洞窟内に連れ戻しました。

元に戻ったチャグムは、なぜ自分がこんな目に合わなければならないと叫び、バルサに当たります。

落ち着きを取り戻したチャグムにバルサは、カンバル王国のことやジグロの話しをします。

カンバル王の弟は自分が王になるためにバルサの父を利用し、バルサを生き延びらせるためにバルサの父はジグロを頼りました。

カンバル王になった弟が放ったかつての仲間8人を殺害してジグロは死にました。

ジグロが殺害した仲間と同じ数だけ人助けをすると誓ったとバルサは言いました。

話を聞いたチャグムは、自分を逃がしてくれた母のために、バルサと一緒に戦うために武術を教えてほしいと頭を下げました。



翌日からバルサはチャグムに槍の使い方を教えました。



王宮ではサグム皇子が高熱を出し寝込んでいます。

帝はサグム皇子のもとに駆けつけ、水が原因だと取り乱し、水の使用を禁止しました。



玉座に戻った帝は跡継ぎを無くすわけにはいかないと、チャグムを王宮に連れ戻すよう聖導師に命令しました。



ニノ妃は聖導師にサグム王子はなぜあのような病にかかったのかと尋ね、分からないと聖導師は答え、微笑みました。



閉じ込められながらも建国史を読み進めるシュガのもとをガカイが訪ね、食事を渡しました。

サグム皇子が熱病に掛かり帝が水の使用を禁止したと聞き、チャグムが生きていることを知ったシュガは、聖導師がチャグムを生かすために謀ったのだと笑います。

シュガは建国史を呼んで知りえたことをガカイに話し、ガカイは自分が知っている建国史と違うことを言うシュガに剣を向けました。



槍の練習をしているバルサとチャグムのもとにタンダが戻ってきて、チャグムの成長ぶりに驚きます。

土の民はどうだったかとバルサが尋ねると、冬眠しているらしく出てこなかったとタンダは答えました。



食事を取りながら卵を宿していることを恐れなくなったのかとタンダは尋ね、卵のおかげでバルサやタンダと出会えたのだから守らなければならないと思ったとチャグムか答えます。

それから2人には幸せになってほしいとチャグムは言い、バルサとタンダはスープを吹き出してしまいました。



その夜洞窟の外で、バルサはジグロの幸せを願ったことはなかったとタンダに話し、ジグロはそれを望んでいたかもしれないと言い、卵が無事帰ったら3人で暮らそうと提案しました。

バルサは何も言わず、洞窟の中に戻りました。



翌朝、卵が光、チャグムは目を覚まして洞窟の外へ出て、再び違う世界に引き込まれてしまいました。

あんたはナユグを見ているだけだとトロガイ師の声が響き、ほどなく元に戻りました。



シュガはガカイにチャグム皇子は青霧山脈にある青池に向かうはずだと言いました。



ガカイはシュガから聞いたことを聖導師に報告、建国史を覆す内容を信じるのかと尋ね、今はチャグム皇子を生かすことが大事だと聖導師は答えました。



帝はサグム皇子が良くならないのは誰かが水を汚しているからだと考え、ジンにチャグムを清めるよう命令しました。



バルサたちは洞窟を閉じ、チャグムを先頭に出発、ほどなく青池に到着しました。

青池には シグサルアがたくさん咲いていて、チャグムは一輪摘み食べました。

物音を聞きつけバルサとトロガイ師は周囲を警戒、王宮の刺客たちが姿を現しました。

ここが分かったのは王宮に貴重な記録が残っていてシュガが見つけたのだろうとトロガイ師。

モンはチャグムを迎えに来たと話し、引き渡せば危害は加えないと言いました。

ジンが雄叫びを上げてチャグムに向かって行き、バルサが応戦、タンダとトロガイ師がチャグムを連れて逃げようとしましたが、チャグムはタンダの腕を離れて花を食べ続けます。

水が泡立ち、トロガイ師は逃げるよう叫びました。



バルサたちは逃走、刺客たちは追いかけ、ラルンがも後を追いかけてきました。

バルサは見えないながらもラルンガに一太刀あびせ、ラルンガが怯んだスキにトロガイ師たちと逃走しました。

タンダは木に登るよう叫び、生き残ったジンとモンも含めて全員木に登りました。

チャグムは苦しそうな息をして、胸から青い光が上がってきて目も青く光り、奇声を発すると一息で何処かへ跳ね上がり、姿を消してしまいました。


第3話終わり。

関連記事

精霊の守り人シーズン1第1話のネタバレ 実写版第1話
精霊の守り人シーズン1第2話のネタバレ タンダ&トロガイ師登場
精霊の守り人シーズン1第4話のネタバレ シーズン1最終回
精霊の守り人実写シーズン1の視聴感想 アニメをシーズン1で消化





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました