So-net無料ブログ作成

武道館 第8話 最終回 ネタバレ感想 [武道館]

武道館 第8話 最終回のネタバレと感想です。

大地との関係がバレてしまった愛子は武道館か大地かの決断を迫られます。

ここから先はネタバレします。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

大地との関係がバレてしまった愛子。

野村は記事の内容は事実かと問い、愛子は同じマンションで親同士仲がいいからと説明。

家族ぐるみの付き合いがあるただの幼馴染というコメントを出すと野村。

立ち去ろうとした野村に愛子は「ずっとそうしてきたんですよ。歌とダンスが好きなことも、大地のことを好きなことも」と言いました。

小さいころから変わらない、と。

会議室にるりかが入ってきて「無理だよ。いくら謝ったってもう無理!」と言い、波奈と真由が制止しようとします。

ファンのことを考えなかったのかと愛子を責めるるりか、波奈は「手をつないだりしたとき、私たちのこと思い出さなかったの?」と聞きます。

愛子が思い出したと答えると、間髪入れずに「じゃあ何でこんなことするのよ!私の夢壊さないで!」とるりか。

るりかは涙を流しながら武道館のために一番練習していた自信がある、なのに愛子と碧のほうが人気があると悔しそうに言いました。

愛子はるりかたちのほうを見て謝罪、頭を下げました。

野村はアイドルが恋愛をするということはファンを裏切ることだしメンバーやスタッフをだますことになる、プロとしてアイドルを続けるのなら恋愛は認められないと愛子に言いました。

大地に二度と会わないことが武道館に立たせてやる条件だと野村は続けました。



独りで事務所を出た愛子を真由が呼び止め、るりかほどではないけれど自分もムカついていると言いました。

「それでも私は、5人で武道館に立ちたいと思っている」と真由は続けます。

せっかくここまで頑張ってきたのに、武道館に愛子と碧がいないのは嫌だ、と。

真由は大地ではなくNEXT YOUを選ぶと信じてると言い、愛子は「うん」と頷きました。



愛子と大地の記事が出回り、ネットの掲示板ではNEXT YOU終了のお知らせというスレッドが立ち上げられてしまうほどの大騒ぎになりました。



学校でも愛子と大地のことが話題になり、大勢の生徒たちが雑誌を手にしています。

その様子を複雑そうは表情でみている大地と同じ部活の女子生徒。

自分で写真を撮った時のことを思い返し、落ち着かない様子で席についています。

大地が教室に入ってきて教室は静まり返り、女子生徒は大地のもとに行って「ごめん」と謝罪しました。

大地は女子生徒の顔を見ずに「いいよ、別に。謝んなくて」と言って席に向かいました。



自室にいた愛子に父親が大地と話をするよう言いますが、事務所に会うなと言われていると愛子。

はならせて電話をしてあげなさいと父親。



素振りをしている大地、愛子から電話があり応答、愛子は野村に言われたことを話します。

愛子は自分の好きなものが解らなくなりかけていると言い、大地は「大丈夫だよ愛子なら」と励まします。

小さいころからの夢を叶え、次の夢をかなえようとしている、自分は愛子が決めたことを応援する、と。



NEXT YOUの武道館公演のポスターの前に佇む波奈に声をかける野村。

自分が辞めると言いだしてからメチャクチャなことになったと言い、野村は波奈のせいではないと言いました。

碧のことも愛子のことも気づかなくて落ち込んだ様子で「リーダー失格ですね」と波奈は言います。

野村はNEXT YOUのリーダーは波奈しかいないと言い、波奈はまっすぐ野村を見て「まだ私にやれること、残っていますか?」と尋ね、野村は「うん」と微笑みます。

波奈も微笑み「リーダーとして仕事、やりに行きます!」と言いました。

波奈はNEXT YOUメンバーに『15時に武道館前に集合!全員参加!遅刻現金!』とlineしました。



事務所にて野村と前田は愛子の記事について夏目に謝罪、波奈・愛子・碧が辞めても今のNEXT YOUなら大丈夫と2期生候補のプロフィールを渡します。

前田は愛子と碧がいなければNEXT YOUじゃないと野村に反論、野村は夏目の目を気にしつつ前田を制しします。

夏目は言いました。

「人間は変わるんだ。この子たちの場合、本当に短い間に急激に環境が変化して、アイドルとしての期待や重圧に背負っているうちに人間としての変化が訪れる。だからグループが変化するのも当然だ」と。

夏目は前田を見て「それを覚悟で、あの子たちに向き合うのが俺たちの使命なんじゃないのか?」と言いました。

去り際に「いつか、ファンのほうも変化するかもしれませんね」と言い、野村は「はい!」と返事をしました。



愛子は真由の自分たちを選ぶと信じているという言葉と、大地の武道館はお前の1番の夢だろうという言葉を思い返し、碧に『碧はどうするの?』とメールを送ります。



とある場所で碧と会った愛子。

2人の座る席からは武道館の屋根が見えます。

碧は今まで正しい選択をしようとずっと思っていたと言いました。

アイドルとして間違っていないか、ネットで叩かれないか、事務所の人に怒られないか、いつも考えていた、と。

碧は続けます。

でもこの世に正しい選択などあるのだろうか、と。

「え?」と愛子は碧を見ました。



「たぶん、正しかった洗濯しかないんだよ。何かを選んで、選び続けてそれを一個ずつ正しかったものにしていくしかないんだよ」と碧は武道館の屋根を見つめながら言いました。

愛子は碧を無言で見つめています。

「だから私は」と愛子のほうを見て「武道館には行けない」と言いました。

「彼を選んだことを正しかった洗濯にして見せる」と碧は言って、前髪を停めていたクリップを外してテーブルに置くと去って行きました。

愛子は碧を無言で見送りました。



武道館前に集まった波奈、真由、るりか。

15時ギリギリに愛子は3人のもとへやってきて、愛子の姿を確認した3人は安堵の表情を見せます。



12年後。

PCの画面に映し出されている『NEXT YOU13期生募集』を見ているハカセ。

夏目のインタビュー記事の『昔は恋愛くらいでアイドルは卒業を迫られたんですよ(笑)』という記事を見て「そうだよな~」と微笑みます。

ハカセは2016年のネク!ステないにある動画をクリック。

動画では愛子が「小さいころから歌って踊ることが大好きで、アイドルになりました。たくさんの人の前で歌ったり踊ったりするのは本当に楽しかった。けど、だんだんしてはいけないことが増えてきて、誰かの頭の中の自分を生きているような、そんな気がしてきたんです」と語っています。

「それは、私の鳴りたい私ではなかった。そんな風に悩んでいた時、私のことを素直に好きって言ってくれる、その人の気持ちにだけ答えたいと思っちゃったんです」と動画の愛子は涙を流し謝罪します。

それをみて涙を流すハカセ。

「武道館は、私の夢でした。でも、そのステージに立つ前に、私はアイドルではなくなってしまったみたいです」と動画の中の愛子は涙を目になりながら微笑みました。

この動画の愛子に心を動かされた人は大勢いて、動画の再生回数は1週間で100万回を超えたそうです。



愛子と碧は武道館のステージに立つことなく、グループを脱退したけど、2人の歌とダンスは今でもファンの心に深く刻まれていると博士は言いました。


終わり。

感想。

とうとう最終回です。
観始めたときは8回は長いな~とか思っていましたが、あっという間でした。

最後に武道館でライブが出来ることになったNEXT YOUでしたが、碧と愛子は武道館の前に辞めてしまったんですね。

前回、武道館が決まったとき碧だけ喜んでいなかったのでもしかしたらと思っていましたが、やっぱりという感じでしたね。
ただ、愛子も武道館のステージに立たなかったのはちょっと意外でした。

愛子と大地の写真が週刊誌に掲載されて大騒ぎになっていた学校で、女子が大地に謝罪したとき、
大地は驚いた様子はありませんでしたね。
気付いていたのでしょうか?

まあなんだかんだありましたが、最後はみんなハッピーな感じでいいのかな?

終わりです。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました