So-net無料ブログ作成

High&Low 9&10話 最終回スペシャルのネタバレ感想。 [High&Low シーズン1]

達磨一家に日向が戻ってきて、他のS.W.O.R.D.たちに向かっていきます。

山王やホワイトラスカルズ、鬼邪高、ルードボーイズはそれぞれ達磨一家を迎え撃ちます。
S.W.O.R.D.支配に失敗したノボルは二階堂に終わりを告げられ動揺します。

ここから先はネタバレします。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓



九龍グループにいた日向会はムゲンに戦いを挑み敗れ、九龍グループに見捨てられてしまいました。

九龍グループと無限の残党に復習しようとする達磨のボス日向紀久。

日向は目的の為なら負けても何度でも立ち向かっていき、彼を停めるためには隔離以外に方法がありませんでした。

右京や左京が日向と行動を共にするようになり、達磨一家を結成した日向。


鬼邪高では達磨とのことで幹部たちが話し合っています。

ホワイトラスカルズでも日向のとこを話し合っていると、達磨一家の右京と構成員がやってきました。

鬼邪高には加藤鷲と構成員が乗り込んできました。

双方で喧嘩が始まり、同じころにルードボーイズがいる無名街には左京と達磨の構成員たちが押しかけていました。

「ルードは強いなぁ。今日は達磨一家の復活を報告しに来ただけだから」と左京は立は去っていきました。



イトーカンでは山王の構成員が駆け込んできて「日向が出てきた」と告げました。



バーではコブラとヤマトが家村会について話しています。

「あいつはぜってー戻ってくる」とヤマト。

「あいつの為にしてやれることって何なんだろうな」とコブラはつぶやくように言いました。



達磨のアジトに戻ってきた達磨たち。

自分たちが家村会に踊らされることに関してあまり関心を持っていない日向は「まずは無限の残党がいる山王に復讐だ」と言いました。

達磨たちは車に乗り込み、あるいは歩いて山王に向かいます。



イトーカンにいる山王に「だるまが来たぞ!大群だ」と理容室の店員が知らせに来ました。

コブラとヤマトに知らせを出し、ダン、テッツ、チハル、その他が達磨を迎え撃ちに外へ出ます。

歩いてくる達磨たちの前にダンがバイクで現れ「だ~るまさんが、故~論だ!」と言いました。

達磨たちは止まり、それにちょっと驚くダン。

「お前1人か?コブラとヤマトはどうした?」と右京は叫び、達磨たちは再び歩みを進めます。

ダンはバイクで走り去り、達磨たちは車に戻ってダンを追いかけました。



とある立体駐車場まで来た達磨たちとダン、そこに山王の構成員たちが待っていました。

達磨たちは持ってきていた大太鼓をたたき、顔に朱を入れ、太鼓の合図で向かってきました。



バーにいるコブラとヤマトに店主のママが「喧嘩の傷はすぐに消える、絆は消えない」と言いました。

「俺たちはただこの街を守りたかっただけだ」とコブラ。

ノボルとのことを思い出しながら言いました。

それを静かに聞くヤマト。

そこにナオミが達磨たちのことを知らせにやってきました。



立体駐車場では達磨と山王の構想がまだ行われていますが、山王が押され気味です。

「山王に喧嘩売るんやったら、それなりに覚悟しろ!」と叫ぶダン。

「達磨の喧嘩かったんだったら、てめぇこそ覚悟しろ」と右京。

「死ぬまで終わらせねえからな」と左京。

戦況は山王裕理の様相でしたがその場に日向が現れ、倒れていた達磨の構成員たちは次々起き上がります。

そこにバイクにまたがったコブラとヤマトも現れました。



「日向。お前いつまでやるつもりだ!」とヤマトは怒鳴ります。

「復習が終わるまでだ」と静かに日向は答えます。

「これ以上お前とけんかするつもありはない」とコブラに「ああ!」と声を上げる日向。

「この喧嘩を終わらせたければ、お前らが死ね」と日向。

そして山王vs達磨の第2ラウンドが始まりました。



ノボルは1人暗がりにいました。

そこに二階堂が現れ「お前はもう家村会には必要ない」と告げます。

動揺するノボルに布で包まれた銃を渡し「最後は自分でけじめをつけろ」と二階堂は言いました。

二階堂はそのまま立ち去っていきました。



駐車場、コブラと日向がぶつかります。

日向を押え込みながら「もうやめろ!」とコブラは言いますが日向は兄たちとは違うと言い、コブラに反撃します。

そこにホワイトラスカルズ、鬼邪高とルードも現れ、S.W.O.R.D.が一堂に会しました。

家村会は俺らをぶつしにかかるぞというコブラの言葉に笑う日向。

「だったらその前にお前ら殺すだけだ!」と日向はコブラに殴りかかります。

「俺をやったら次は誰だ?」とコブラは、反撃せず日向に言います。

「俺が憎しみの連鎖を止める」とコブラは宣言するように言います。



彼らがいる場所に、銃を手にしたノボルが現れました。

「今日からS.W.O.R.D.は家村会が仕切る!」と銃を向け傘下に入るよう言います。

「ノボル!」と声をかけたヤマトに銃を向け「断ればお前たちであろうと容赦はしない!」と強い口調で言いました。

ノボルの荒い息遣い以外聞こえない状態が少し続いた後、コブラは静かに言いました。

「俺たち山王連合会は、解散する」と。

その言葉に驚く山王メンバーたち。

「山王連合会は、ノボルが戻ってくるために作ったチームだ。ノボルがいらねえっていうのなら、もう必要ねえよ」と目に涙を浮かべたヤマトは言いました。

その言葉に少し驚いた表情を浮かべるノボル。

山王連合会が無くなっても俺たちは何も変わらないというコブラ。

ノボルは何も言いません。

コブラは首だけ日向に向けて「わりーな。そういうことだ」と言いました。

「ノボルさん!」とヤマトとノボルの間に入ったチハル、銃が火をふきチハルは倒れました。



倒れたチハルに駆け寄る山王メンバー。

戻って来いというヤマトの言葉に「出来る訳ねえだろう」というノボル。

もう帰るところは無いというノボルは「頼むから俺の言う通りにしてくれよ」とヤマトたちに言います。

コブラは静かに「分かってる。俺らの為にやろうとしてくれてたんだろ」と言いました。

どうやらノボルはコブラたちのために動いていたようで、コブラはそのことに気づいていたようです。

その言葉に子供の頃のことを思い出すノボル。

ヤマトは涙を流しながらつらいときに力になれなかったことを謝罪し、お前の力になりたいと言います。

ヤマトとコブラの言葉に「俺は、まだやり直せるのか?」とノボルは2人に問い「ああ!」とヤマト。

コブラも「んなの余裕だ。くそ野郎」と応えます。

銃を落とし声をあげて泣くノボル。



日向は山王のやり取りを見届け「山王は落ちた。行くぞ」とダルマメンバーたちに声をかけます。

「次は九龍の首を喰うためににS.W.O.R.D.をとる」と日向は宣言します。

その言葉にロッキーは笑い、村山はあっかんべーをし、スモーキーも少し微笑みます。



山王の商店街で、ノボルは家村会のピンバッジを外しました。

「ノボル。お帰り」とヤマトは声をかけます。

「ただいま」と微笑んだノボルを、黒い車が突っ込みました。



とある場所で車やバイクに乗って集まるMIGHTY WARRIORS のメンバーたち。

die」とリーダーのIceは言いました。

終わり。

感想。

どうなるのかなと思って観ていましたが、収まるところに収まったという感じですね。


チハルはノボルに撃たれたように見えましたが、大丈夫だったようですね。

あの距離でハズしたということは、あの銃は空砲だった…というわけではないですね。

しかし、銃は水平に近い状態で構えていましたから、誰かに当たっていそうなものですけどね。


山王商店街に戻ってきたノボルは車に轢かれたようでしたが、どうなったのでしょう?

この先は映画でということでしょうが、気になる終わり方でしたね。


最後の最後に現れた謎の集団や、山王が解散した今、山王のテリトリーだった場所はどうなるのでしょう?


High&Low シーズン2 2016年春 日本テレビ系で放送というアナウンスが流れていました。

彼らがどう変わるのか、あるいは変わらないのか、放送を待ちたいと思います。


現在dTVで見放題配信されています。

興味のある方はどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2017年10月●24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

以上です。

  


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました