So-net無料ブログ作成

掟上今日子の備忘録 第9話ネタバレ感想。掟上の過去を知る男が現れて掟上を・・・ [掟上今日子の備忘録]

掟上今日子の備忘録 第9話のネタバレと感想です。

掟上の過去を知る男性から、暗号を解いてほしいという依頼が入りとあるビルへ向かった掟上でしたが、その後消息不明になります。

ここから先はネタバレします。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 


朝、サンドグラスに隠館がやってきました。

前回、隠館は元探偵のそば屋工藤に会い絆井について聞きました。

そして絆井に掟上の寝室の天井に書かれた文字について聞きました。

絆井が探偵あっせん業を始めたときは、胡散臭すぎで誰も近寄らなかったようですが、登録すると金一封がもらえるというとことで、たくさんの探偵が登録し掟上もその時登録したようです。



サンドグラスで絆井と2人で話した隠館。

「ただ不運なだけの君に、いったい何が出来る?」と絆井に宣戦布告されます。



すべて忘れ去っている掟上がやってきて、絆井、幕間、也川が朝の挨拶と自己紹介をします。

隠館もあいさつと自己紹介をします。

そんな隠館を幕間や也川は不思議がります。



店を出た隠館と掟上。

歩きながら隠館は掟上を映画に誘います。

掟上が誘いに乗ったので驚く隠館。

掟上のスマホに着信があり、どうやら仕事の依頼のようです。

2人は夜7時に映画館でと約束を交わし別れました。



掟上がやってきたビルの一室に、以前あった男性がいました。

暗号を解読してほしいと言いました。



依頼人は結納人社長の結納坂仲人という名前でした。

企業を紹介する会社のようです。

会社の床に赤い文字で暗号が書かれています。

書いたのは副社社長の縁淵らしいです。

形では馴れ馴れしい 直線ならば懐っこい』という暗号を残し縁淵はいなくなってしまったそうです。

床に書かれている三行詩はまるでダイイングメッセージだと掟上は言い、その言葉に結納坂は驚きます。

文字は血で書かれていて、書かれてから4時間位と掟上は言いましたが「これは、絵の具です」と結納坂は言いました。

掟上は匂いをかぎ「まあいいでしょう」と。

どうやら暗号は解くと金庫の暗証番号になるようです。

結納坂は金庫の中身などについて話します。



不動産屋でアルバイト中の隠館は店のPCからサンドグラスを検索しますが、ヒットしません。

ヒットしないのは部屋の貸し出しをしていないからではと店主は言いました。



縁淵のことを掟上に話します。

話を聞きながら部屋の中を見まわす掟上。

ドアが膨らんでいるロッカーを見つけました。

善悪の判断について少し厚く語る結納坂。

掟上は「だいたいのことは分かりました」と言い、暗号の解読に取り掛かりました。

床の暗号を見つける掟上を見つめながら距離を縮める結納坂。

気配を感じたのか、突然振り返る掟上に、コーヒーを入れると言いました。

掟上は近くの店で頼もうと言いました。



隠館はサンドグラスについて考えます。

そば屋の話では絆井は『京都のチンピラ探偵イトウだかイトイだか』に似ているらしいです。

名前を紙に書きそれを見つめていた隠館は、旅行で使ったバスやタクシーの名前が『イトハン』であったことを思い出します。

絆井→糸半→糸井と、推理します。

そこにサンドグラスのことを知っているという人物から電話がかかってきました。



掟上は暗号について長々と講義します。



隠館は3年前、老朽化した建物を京都から来た人物が即金で買い取り、建物を直し現在に至ることを知ります。

『今日子さんだから探偵なのか、探偵だから今日子さんなのか』という絆井の言葉を想いまします。



結納坂が暗号は解けているのだろうと聞くと、掟上は解けていると答えました。

暗号は円周率に関係しているそうです。

縁淵は円π(パイ)と詩を掛け合わせたパイエムを金庫の暗号に使ったようです。

『まるい/と/しかくい/が/なかたがい ぎゃくさんかくけい/では/なれなれしい ちょくせん/ならば/なつっこい』と分けられます。

暗号で示された番号は11で、円周率が使われているので、12番目の数字はすぐに分かりました。

お礼を言って金を請開けようとした結納坂に「はいフライング」と掟上。

驚く結納坂に「暗号の解読はまだ終わっていません。なぜならこれはダイイングメッセージでもあるからです」と告げました。

縁淵は暗号があった場所で殺されました。

暗号を残したのは犯人には解けないことがわかっていたからです。

「最初から、犯人の名前を書けばいい」という結納坂。

「犯人の名前を描いたら犯人に消されて終わりです」という掟上。

掟上はオフィスにある、膨らんだロッカーの前に立ち開けました。

中からは遺体が出てきました。

何とか丸め込もうとする結納坂でしたが、失敗します。

「女性に乱暴な真似はしたくない」という結納坂。

「人殺しのフェミニスト。ワクワクします」と掟上は笑顔で言いました。

余裕だな、と結納坂。

誰かが訪ねてきました。

どうやらコーヒーを注文し、届けに来てくれた店員に警察を呼ぶようにと書いたメモを手渡していたようです。

「こっちです」という掟上の前に現れたのは、コーヒーショップの店員でした。

驚いた掟上は結納坂を振り返りました。



隠館はサンドグラスにやってきて「最初にいたのは今日子さんで、あとから放浪さんがやってきて探偵あっせん業を始めた」と言いました。

「正解。よくわかりました」と絆井。

天井の文字は絆井が来る前からあったようです。

「厄介君さ、俺のこと甘く見てもらっちゃ困る。俺は、筋金入りのヘタレなんだ」と絆井。

「ここのスポンサーで、俺と塗君の雇い主」と戸惑う隠館に新聞を手渡し、ある死亡記事欄を示します。

驚く隠館と幕間。

幕間は何も知らなかったようです。

2人の雇い主は態条空真88歳でした。



コーヒーショップの店員と結納坂に挟まれ万事休すの掟上。

しかし結納坂は微笑み「ありがとう。もういいよ」というと死んでいたはずの縁淵が起き上がりました。

縁淵と店員は立ち去りました。

驚く掟上に「だましてごめん」と言いました。

この芝居は以前実際に起きた事件を再現したもので、実際の事件の方も掟上が解決したそうです。

ちなみにその時掟上はまだ探偵ではなかったようです。

事件の詳細が記された資料に目を通す掟上。

結納坂は身分証を見せ「澤野信二」であると明かします。

澤野と掟上は出会って1年後に結婚の約束をしたそうですが、掟上が突然いなくなってしまったそうです。

澤野と付き合っていたころは『掟上』という名前ではなかったため、同一人物なのかどうか確かめるために事件の再現を行ったようです。

喜ぶ澤野に戸惑う掟上。



3年前に態条にあってサンドグラスのオーナーをやれと言われたそうです。

連絡係は也川でした。

絆井も也川もほとんど何も知らないようです。



掟上は無言で澤野を見つめていましたが「あなたの話には矛盾があります」と言いました。

忘却が始まる前に付き合っていたのなら覚えているはず、と。

「君の記憶はいつまあであるの?最後の記憶は何年前?」と澤野。

「それは、企業秘密です」と掟上。

澤野はスパインという男について話します。

スパインも掟上のように、寝るとものを忘れてしまうそうです。

スパインは1日過ぎるごとに、覚えていた日を1日づつ忘れて行っていたそうです。

それを聞いて動揺する掟上。

「君の記憶はどこまで残っているの?」と澤野は掟上に聞きました。

掟上は答えられません。

澤野は掟上を抱きしめ「掟上今日子じゃなくていい。取り戻そう。本当の君を」と言いました。

澤野を押しのけ「覚えてもいない過去の為に、今日を犠牲にしたくない」と掟上は言いました。



約30分前から待ち合わせ場所にいる隠館。

掟上と一緒に映画を観る妄想をしたりしながら掟上を待っています。



隠し館のもとに向かおうとした掟上を澤野は強引に引き留め・・・。



掟上はサンドグラスに帰ってきませんでした。

10日たっても戻らない掟上を心配した隠館は、あの日の掟上の行動をたどりますが途中で行き詰ります。

隠館は約束の場所にあるベンチに座っていると、黒髪の掟上がやってきました。

「掟上今日子さんでしょ?」と隠館は聞きますが「掟上今日子って誰ですか?」と掟上は不思議そうに聞き返しました。


第9話終わり。

感想。

今回は異様な展開ですね。

掟上は澤野に連れ去られ、みんな忘れてしまったということでしょうか?

いよいよ次で終わりのようですが、気になりますね。

掟上と隠館はどうなるのでしょう?

サンドグラスはスポンサーが亡くなってしまって、やっていけるのでしょうか?

気になります。

以上です。
  


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました