So-net無料ブログ作成

掟上今日子の備忘録 第8話ネタバレ感想。ひょっとしたら隠館のこと好きかもと思う掟上 [掟上今日子の備忘録]

掟上今日子の備忘録第8話のネタバレと感想です。

掟上は朝起き、自分の状況を確認して、サンドグラスで朝食を食べ仕事の依頼が来たので、現場に向かうと隠館厄介がいました。

ここからネタバレしますのでご注意ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 


朝目が覚めた掟上は天井を見て驚き、起き上がって左腕のメモに気づいてそれを読みます。

他にもメモがあるか、体を確認します。

メモを確認した掟上はベッドから出て状況を確認します。




部屋から出た掟上はサンドグラスにやってきました。

絆井は朝の挨拶をして、自己紹介と店のとこなどを簡単に話します。

幕間と也川もやってきて掟上に挨拶と自己紹介をします。

幕るの体を見て「もしかして…」と思った掟上は近くに置いてあったボムボールを投げましたが、幕間は難なく叩き落します。

驚く掟上に「今週5連勝!」と嬉しそうな幕間。

「私、毎日こんなことを?」と聞く掟上に「うん。ワンパターン」と言いながらボールを返す幕間。

悔しがる掟上。




朝食を食べながら足に書かれていたメモに『厄介さん信用できる』と書かれていたのを思い出し「あの、サンドグラスのスタッフって他にも?」と也川に聞きます。

「これだけ。何で?」と少々戸惑ったふうに聞く也川。

「聞いてみただけです」と掟上。

朝食を続ける掟上を見る也川。

「ガン見、屋らしい」と幕間に言われ「初めての質問だったから」と也川は言います。

掟上に仕事の依頼が入りました。




掟上が向かった先『アパレルショップナースホルン』にはすでに警察が来ていました。

遠浅刑事と新米刑事もいます。

掟上は自己紹介をしようとしますが、知っていると言われます。

ナースホルンは捜査一課長の奥さんが贔屓にしているお店のようです。

3周年記念のようで、お祝いにきたそうです。

捜査一課長の奥さんから店で起きた殺人事件について聞きます。




被害者は常連客の屋根井刺子。

屋根井が入店したのは11時で20分後に試着室で死んでいるのが発見されたそうです。

凶器は店のオリジナルハンガーで丈夫なつくりをしています。

被害者が試着室に入るところは目撃されているけれど、犯人は誰も見ていないようです。

物音もしなかったそうです。

社長のまーくんは被害者が来ていたことにも気づいていなかったそうです。




スタッフたちが待機させられている部屋に掟上たちがやってくると、スタッフたちの中に隠館がいました。

隠館は掟上気付くと知り合いであると告げ、フルネームを言います。

厄介の名前をきき『厄介さん信用できる』のメモを思い出す掟上。

厄介のわき腹あたりに『50%OFF』のシールが貼ってありました。

それを女性スタッフが取ってあげると言い、わき腹弱いからと逃げる隠館。

そのやり取りを見て、ちょっと不機嫌になる掟上。

どうして隠館を信用できると思ったのか思案します。



そして取り調べ開始です。

まず、隠館からです。

隠し館は今日だけのバイトだそうで、2階に置いてあった靴をフロアに出すよう店長に頼まれ、持って行ったそうです。

運んでいる途中「シールついてますよ」と言い女性スタッフが取ろうとして、持っていた靴箱を派手に落としてしまいます。

拾っているときに、更衣室の中に血の付いたハンガーがあるのを発見、遺体も発見しました。

話を聞いて「だいたいのことは分かりました」と掟上は言いました。

隠館は簡単に自分の不運を説明します。

捜査一課長の奥さんが隠館を疑っていることを教えられ驚く隠館。

名探偵がここにいるからすぐに無実は証明されるという隠館に「すこぶる楽観的ですね」という掟上。

「そう見えるのなら、今日子さんのおかげです」という隠館に、なぜこの人を信用できると思ったのかと戸惑う掟上。

吊り橋効果について(ほぼ自分に)説明し、恋は盲目について(ほぼ自分に)説明の途中で『好き』という言葉に、一瞬固まり「ないない」と言って笑います。

そんな様子の掟上に困惑する隠館。



その後、店長に話を聞き、スタッフのミワチャン、ウメチャンから話を聞きました。

簡単に密室の講義をして帰ろうとする掟上。

皆慌てますが「捜査一課長から聞いてないんですか?」と掟上はみんなに聞きます。

どうやら1日で終わりそうにない事件だけど、顔を出して事件を整理すればいいと言われたそうです。

そのかわり、料金も半額だそうです。

厄介にお別れの挨拶をしつつ、太ももに書いた『厄介さん信用できる』の文字を消すと言う掟上。

そのメモを知らない隠し館は困惑気味に「消す?」と。

「厄介、お前が疑われているんだからお前が払え」と遠浅刑事。

「貯金が底をついたんです。今日子さんの服の代金で」と隠館。

それを聞いて立ち止まる掟上。

戻ってきて「仕方がありませんね」という掟上はヒントだけ教えると言います。

「ヒントはオッカムのカミソリです」と掟上。

オッカムのカミソリのことを知らないらしい人たちに隠館が簡単に説明します。

推理小説を読んで勉強しているという隠館。

一応ワトソンなんで、という隠館に「相棒?」という顔をする掟上。

「今日子さんにそう認定されたことが何度か」と隠館は付け足します。

その言葉に余計驚く掟上。

「クビにされた日もありますけど」とさらに付け足す隠館に、隠し館に下した評価を再考します。

掟上は隠し館に不可能と可能は何かを聞きます。

隠し館は更衣室の中で人を殴ることは不可能であると言います。

一人でハンガーを振り上げるのがやっとの更衣室で2人は言って相手を殴るのは無理だ、と。

考えられることはただ一つ。

考える隠し館を、ひそかに応援する掟上でしたがいい人の隠館は、推理に失敗してしまいます。

掟上は大ヒントとして証言に偏りがあると言いました。

被害者を見たと言っているのは、被害者の顔を知らない来客だけでスタッフのだれも被害者を見ていません。

つまりそれは別人が変装していたとしても、誰も気づかないというとこです。

それを聞いて犯人は殺害時刻を隠したかったと推理します。

どうやら被害者は開店前に殺されていたようです。




スタッフたちが集められます。

開店前に被害者が殺されていたということに、スタッフたちは懐疑的です。

店では更衣室に入って15分以上いる人には声をかけるそうですが、試着室の中の人は何度も入れ替わっていたと、ウメチャンは証言します。

それを聞いて更衣室の前に置いてある靴が入れ替わっていたから、中の人が違うと思ったんじゃないかと、隠し館は言います。

満足そうに微笑む掟上。

靴を変えることが出来た人物が犯人だと隠館は言います。

みんなの目が隠し館に向けられますが「分かりません」と隠館。

しかし、靴をもって店内を歩き回るのは不自然なので犯人は靴を履いていたと思い至ります。

犯行は突発的なもので殺した後試着室に隠した、そして靴の入れ替わりを思いつく、このままではらちが明かないと変装し、スタッフと鉢合わせ内容監視カメラで確認、店内へ入り試着室へ入った、ということのようです。

ここまでは完ぺきでしたが、犯人はまだ自分の靴に戻っていません。

そして犯人がミワチャンであると判明しました。

社長が二股、もとい四股をしていて、それが原因だったようです。



事件解決後掟上は「いいコンビね」と捜査一課長の奥さんからほめられ、映画のチケットを2枚もらいます。

隠し館と合流した掟上は映画のチケットのことを言おうとしますが、隠館に約束があると知ってチケットのことは言いませんでした。

名残惜しみながら隠館は掟上と別れました。

掟上は一人で映画を観ました。

掟上は映画を観ながら最後の記憶の断片を思い出していました。

それは、どこかのトンネルか廊下を走る記憶です。



隠館はサンドグラスにやってきました。

絆井に聞きたいことがあると言います。

幕間と也川に上がっていいと言って、隠し館は2人きりになるようにします。

絆井に掟上の寝室にあった文字について聞きます。



夜、川の側に佇んでいた掟上に声をかける男性がいました。

どうやら掟上とは結婚の約束をしていた仲だったそうです。

掟上は笑い「私のことをご存知のようですが、ナンパならもっとうまうやってください」といい立ち去ります。

驚く男性。

掟上は男性のもとから去ります。

第8話終わり。


感想。

今回の語り部は掟上でしたね。

ちょっと新鮮でした。


掟上の、あの設定だと隠館との仲は進展しないのかなとか思っていましたが、ちょっと進展した様子でしたね。

事件現場で、結構頑張って隠館を応援していましたし。


それにしても、最後に出てきた要潤さんはどんな役どころなのでしょう?

掟上とは結婚の約束をしたとも言っていましたが、掟上の過去を知っているということですよね。

ああなる前はどういう人物だったのか、興味あります。

次週、依頼人になるようでしたし、その辺の話が聞けるかもしれませんね。

以上です。
  


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました