So-net無料ブログ作成

トランジットガールズ 第4話ネタバレ感想。ゆいが好きと気付いた小百合は・・・ [トランジットガールズ]

トランジットガールズ第4話のネタバレと感想です。

2回目のキスの後、ゆいとの距離感をはかりかねている小百合は、直の家に泊まります。

小百合は自分の分とゆいの分と、お揃いのスリッパを買いプレゼントします。

うれしそうなゆいを見て笑顔を見せる小百合でしたが、学校帰りに佐伯と一緒にいるゆいを見て不機嫌な顔でゆいの部屋を訪ねた小百合は・・・。

ここからネタバレです。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


朝、だしを取る小百合にまどかが声をかけます。

学校を休んでもいいというと「テストが近いんで」と言います。

小百合は食欲がないと学校へ行く準備をします。

そこへゆいがリビングにやってきて「おはよう」とさゆりに挨拶しますが、小百合は何も言わず行ってしまいました。




朝食後、歯を磨いているゆいのところへまどかがやってきて歯磨きついでに小百合と何かあったか聞きます。

ゆいは何も言いません。




学校帰りどこかにメールする小百合。

夜になっても小百合は帰ってきていません。

電気の消えている小百合の部屋のドアをゆいは開けます。




直の家で漫画を読む小百合。

どうやら今日は直の家に泊まることにしたようです。

直は家で何かあったのか聞きます。

しばし考えるようにしていましたが「居心地いいんだもん。ここ」と答えます。

無くしたと思っていたネックレスを発見して喜ぶ小百合に「愛人みたいな忘れ問すんなよ」という直。

「彼女?」と、部屋の中を探すそぶりを見せす小百合に「黙れ」と直は言いました。

「まあそろそろできる予定があるかもしれないしね」という小百合の言葉に不機嫌というか期待というか、妙な表情をした直。

「何その顔?」と小百合に「イケメン」と答える直。

クッションを投げあったりしていたためゆいからの着信に気づかない小百合。




再婚して圭吾の様子はどうかと直は小百合に聞きます。

直はまどかをキレイとほめますが、ゆいはつかみどころがない言います。

どうなのと聞かれ「やさしいとこもある。私のことわかってくれてるっていうか…」と小百合。

「でもよくわかんないんだよね…これでいいのかな?」と小百合はつぶやきました。

お姉ちゃんという感じが全然しないと小百合は言いました。




ゆいは夜の街で小百合を探し回ります。

神社にも探しに来ましたが、小百合はいません。

ゆいは別の場所へ向かいます。




直の家に誰かやってきました。

やってきたのはゆいでした。

小百合が直の家にいることを確認してゆいはすぐに帰っていきました。

小百合は部屋からのぞいていましたが、直が戻ってくるのを確認して慌ててベッドの上に戻ります。

直は部屋に戻り「すげー心配してた」と告げます。

小百合の様子に「どうかした?」と聞きます。

「キスしたことある?」と聞かれ驚く直。

「あるに決まってんじゃんかよ」という直に「誰と?」と聞く小百合。

「お前だってしたことないだろ」という直に「え?」という小百合。

「え?」と驚く直。

小百合は首を横に振ります。

ちょっと安心する直。

話しの流れからキスをしそうになる直と小百合でしたが、結局しませんでした。

直は別室で寝ると部屋を出て行きました。




リビングで圭吾とまどかがお茶を飲んでいます。

小百合が隣の家に泊まっていることを知ったまどかは「結婚にこだわらなくてもいいんじゃない?」と圭吾に言いました。

別々に暮らしてもいい、と。

その言葉に無言の圭吾。

そのやり取りをゆいは聞いていました。




学校帰りに雑貨店に立ち寄り、小百合はスリッパを買いました。

家に帰り、ゆいの部屋を訪ねた小百合は「あげる」と紙袋を差し出します。

驚いているゆいに押し付けるように紙袋を渡します。

紙袋の中にはスリッパが入っていました。

「色違い?」とゆいがいうと「いつまでもお客さん用じゃ変だから」と小百合。

「可愛い。ありがとう小百合ちゃん」と言われうれしそうに微笑んで、一礼して部屋を出て行く小百合。

ゆいもうれしそうです。




翌朝、小百合とゆいが学校と仕事へ向かいます。

玄関に並んだスリッパを言てまどかは微笑みます。




学校帰り、どこか行こうかと話している葵と未来に「ごめんあたし用事あって、先帰るね」と小百合は走って帰りました。

家の前では、カメラマンの佐伯の車が停まっていて中でゆいと差益が写真について話しています。

「佐伯さんの写真はエネルギーがあって好きです」というゆいに「写真だけ?」と聞く佐伯。

家の前までやってきた小百合は足を止めます。

「俺さ、今でもゆいのことを…」と佐伯。

そんな2人を小百合は見ています。




部屋にいるゆいにところに小百合がやってきました。

「ただいま」とゆいが言っても小百合は返事をしません。

「何?」と聞くゆいに「佐伯さんってただの上司ですか?」と聞く小百合。

「本当は付き合っているんじゃないですか?」と。

その問いに「今は付き合ってないよ」とゆいは答えます。

混乱しているという小百合は、これまでのことや態度について責め、泣きそうです。

「佐伯さんといるとこ見てもやもやして、これ嫉妬とか思って。この間のチューには本当は気付いていて、またしてみたいとか思って。頭が変になってるでしょ」と小百合。

そんな小百合の言葉にゆいは涙を流しながら「小百合ちゃんは、私のことが好きなんじゃない?」と言います。

小百合を自分のもとに引き寄せ、キスします。

第4話終わり。


感想。

圭吾とまどかは年頃の女の子が、同い年の男の子の家に泊まることに対して、もうちょっと抵抗感を燃せてもいいんじゃないですかね?

スルーしてましたね、その部分は。

いくら幼馴染だからって、いいんですか?とみていて思いました。


小百合とゆいはようやく前進と言ったところですか。

しかし、2人は血がつながっていないとはいえ姉妹ですからね。

今後の展開はどうなるのでしょう?

以上です。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました